(C)スポニチ

写真拡大

17日、小倉競馬場で行われたG3・小倉大賞典は丸山元気騎手騎乗のスティッフィリオが差し切りV。前走の福島記念に続き重賞連勝となった。勝利した丸山元気騎手のコメントは以下の通り。

1着 スティッフィリオ
丸山元気騎手
「勝ててホッとしています。跨った時は太め感も無くて返し馬の感じも良かったのですが、競馬行ったら3コーナーから前回よりも反応が鈍く、それでも勝てているのでもっともっと伸びしろはあるなと思います。乗らせて戴くたびにどんどん力付けているなと感じているのでこのまま無事に行って欲しいなと思います。自分もまた今年重賞を勝たせてもらって、もっともっと大きなところを勝ちたい気持ちが強いので頑張っていきたいと思います」

レース結果、詳細は下記のとおり。

17日、小倉競馬場で行われた11R・小倉大賞典(G3・4歳上オープン・ハンデ・芝1800m)で3番人気、丸山元気騎乗、スティッフェリオ(牡5・栗東・音無秀孝)が快勝した。クビ差の2着に1番人気のタニノフランケル(牡4・栗東・角居勝彦・担当装蹄師/西内荘)、3着にサイモンラムセス(牡9・栗東・梅田智之)が入った。勝ちタイムは1:46.7(良)。

2番人気で田中勝春騎乗、マイスタイル(牡5・栗東・昆貢)は、10着敗退。

逃げると思われたマルターズアポジーが出遅れるという波乱のスタートでレースが始まると、サイモンラムセスが先頭を奪い、まさかの最後方にマルターズアポジーが腹を括って待機。同型多数でペースが速くなると思われたレースはミドルペースで進み、サイモンラムセスが絶妙なラップを刻んだ。前後半を59.4-59.1。3角付近から11.9-11.7-11.6.-12.1と早めに加速を開始し後続を突き放して直線に向いたが、5番手付近からスティッフィリオが脚を伸ばして一気に差し切りV 。2着には2番手からタニノフランケルが抜け出して入線した。逃げ馬、番手の馬をしっかりと見ながらレースを進めたスティッフィリオの自力が優った格好となった。

スティッフェリオ 20戦7勝
(牡5・栗東・音無秀孝)
父:ステイゴールド
母:シリアスアティテュード
母父:Moto
馬主:社台レースホース
生産者:社台ファーム

【全着順】
1着 スティッフェリオ
2着 タニノフランケル
3着 サイモンラムセス
4着 ナイトオブナイツ
5着 エアアンセム
6着 マウントゴールド
7着 ブラックスピネル
8着 レトロロック
9着 スズカディープ
10着 マイスタイル
11着 ケイティクレバー
12着 エテルナミノル
13着 マルターズアポジー
14着 アメリカズカップ

※主催者発表のものと照らし合わせください