【東京/新馬戦】津村「期待していた通り」アイリスフィールがデビュー勝ち

写真拡大 (全2枚)

17日、東京競馬場で行われた、第6レース新馬戦で、ハービンジャー産駒のアイリスフィールが2番手から抜け出して快勝。勝利した津村明秀騎手コメントは以下の通り。

1着 アイリスフィール
津村明秀騎手
「期待していた通りでした。初めてで抜け出してから物見もしていました。ハナには行きたくなかったので、牽制しあうなかでよく我慢してくれたと思います。まだまだ伸びしろあるので楽しみな馬です」

レース結果、詳細は下記の通り。

17日、東京競馬場で行われた5R・3歳新馬戦(芝1800m)で2番人気、津村明秀騎乗、アイリスフィール(牝3・美浦・相沢郁)が快勝した。1.1/4馬身差の2着にトランスポーター(牡3・美浦・戸田博文)、3着にキートス(牝3・美浦・菊沢隆徳)が入った。勝ちタイムは1:51.3(良)。

1番人気でC.ルメール騎乗、デッドアヘッド(牡3・美浦・藤沢和雄)は、13着敗退。

ハービンジャー産駒 アイリスフィール

アイリスフィールはスタートでやや寄られる場面があったが、ダッシュ良く先行すると2番手の位置でじっと我慢してレースを進めた。直線入り口でも馬なりでまだまだ余力はあり、抜け出してからも最後まで脚色衰える事なく嬉しい初勝利となった。

アイリスフィール 1戦1勝
(牝3・美浦・相沢郁)
父:ハービンジャー
母:シルクアイリス
母父:ディープインパクト
馬主:杵臼牧場
生産者:杵臼牧場