米名誉大司教に性的虐待疑惑 ローマ法王庁が聖職の剥奪を発表

ざっくり言うと

  • ローマ法王庁は16日、米ワシントン名誉大司教の聖職を剥奪したと発表した
  • 同大司教には未成年への性的虐待疑惑があり、1月に有罪とされている
  • 法王は相次ぐ性的虐待問題について、誰であっても不寛容の姿勢で臨むとした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング