【先週の結果】
先週の的中は以下の通り。

・東京11Rが○→◎→▲で決まり、馬単800円、3連複390円、3連単2,170円。

【今週の予想】

☆東京9R ヒヤシンスステークス(ダート1600m)

 デルマルーヴルの前走は、上位を前に行った馬たちが占める中、中団から追い込んで勝ち馬からアタマ差の2着。4コーナーで大外を回った上に、直線では内へモタれるロスがあってのアタマ差だから負けて強しの競馬だった。上がりは最速で、次位とは0秒5差と終いの脚が目立った。今回は終いをフルに活かせる直線の長い東京競馬場へ舞台が替わり、突き抜けてもおかしくない。

◎デルマルーヴル
○ヴァイトブリック
▲オーヴァルエース
△₁メイクハッピー
△₂マスターフェンサー
△₃ナンヨーイザヨイ

買い目
【馬単】4点
◎→○▲△₁△₂
【3連複1頭軸流し】10点
◎-○▲△₁△₂△₃
【3連単フォーメーション】16点
◎→○▲△₁△₂→○▲△₁△₂△₃

☆東京11R フェブラリーステークス(GI)(ダート1600m)

 今年最初のGIフェブラリーS。昨年の最優秀ダートホース・ルヴァンスレーヴの名がないのは残念ではあるが、それでも過去3年の勝ち馬が出走するなど豪華メンバーが揃った。中でも目下6連勝中と勢いに乗るインティが魅力的。これまで7戦6勝の戦績だが、唯一敗れたのはスタートで出遅れた上、道中馬群の中でキックバックを受ける形となってしまい、嫌気が差したのか直線では全く伸びず9着に敗れたデビュー戦のみ。2戦目から破竹の6連勝。6戦の内5戦で最速の上がりを使っており、もう1戦もメンバー中2位。しかもその内4戦は逃げてのもので、逃げて最速の上がりを使われてしまっては、後続は手も足も出ない。初の重賞挑戦となった前走の東海Sでは、逃げて上がりはメンバー中2位。それも直線はムチを軽く一回使ったものの、あとはほとんど促す程度。それで勝ちタイムは1分49秒8の好タイムだから本気で追ったらどれだけのものか。今回はグッとメンバーが強くなる上、芝スタート、関東への輸送と不安要素もあるが、本馬の底知れぬポテンシャルで杞憂に終わるだろう。相手本線はゴールドドリーム。当レースの一昨年の勝ち馬で、昨年もクビ差の2着。前走の東京大賞典では、チャンピオンズCを一頓挫で回避した経緯もあり、決して万全とは言えない状態で、勝ち馬のオメガパフュームとは3/4馬身差の2着と力を見せた。今回は順調に調整され、追い切りの動きからも万全の状態。状態さえ整えば、好勝負必至だろう。まとめて負かすならノンコノユメ。以下、サンライズノヴァ、サンライズソア、オメガパフュームまで。

◎(6)インティ
○(3)ゴールドドリーム
▲(13)ノンコノユメ
△(7)サンライズノヴァ
△(10)サンライズソア
△(14)オメガパフューム

買い目
【馬単】6点
(6)→(3)(7)(10)(13)
(3)(13)→(6)
【3連複1頭軸流し】10点
(6)-(3)(7)(10)(13)(14)
【3連単フォーメーション】20点
(6)→(3)(7)(13)→(3)(7)(10)(13)(14)
(3)(13)→(6)→(3)(7)(10)(13)(14)

※出走表などのデータは、必ず公式発表のものと照合し確認して下さい。<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。学生時代大井競馬場で開催された大学対抗予想大会の優勝メンバーの一員。大学卒業後北海道へ渡る。浦河にある生産牧場を経て、在京スポーツ紙に入社。牧童経験を活かし、数々の万馬券を的中する。中にはパドックで推奨した4頭で決まり、3連単100万越えあり。