飯豊まりえが真っ白な猫に!?映画『トラさん〜僕が猫になったワケ〜』撮影の裏側を公開♡

写真拡大 (全10枚)

ついに、本日2月15日(金)より、映画『トラさん〜僕が猫になったワケ〜』が公開!

本作で“猫役”として出演し、キュートでセクシーな姿が話題を生んでいる飯豊まりえさんを直撃☆

映画のことからプライベートなことまでたっぷり語っていただきました。

初めての猫役! 撮影中のエピソードは?

©板羽皆/集英社・2019「トラさん」製作委員会

ーー本作でKis-My-Ft2の北山宏光さん演じる主人公・寿々男(=トラさん)のよき理解者である、お嬢様猫・ホワイテストを演じましたが、最初に“猫役”と聞いたときどう思いましたか?
「猫?」と衝撃を受けたのですが、16年間飼っていた猫がホワイテストそっくりの真っ白な猫だったんです。
その子が死んでしまったあとにこの作品のお話をいただいたのですごく縁を感じました。

――猫を演じるときには、“猫スーツ”を着用されてますが、着てみてどうでしたか?
ペットボトルのキャップが開けられなかったり、物が持てなかったり……大変だったのですが、なかなかできない体験だったので、楽しかったです。

――演じていて難しいなと思ったところは?
猫って気づかないうちにいなくなったり、気づくとそばにいたりするじゃないですか。
ホワイテストも、何を考えているかわからない不思議なところがあるけど、トラさんに寄り添っているという部分も持ち合わせていたので、そのキャラクターをどう作るか難しかったです。

――猫のお友達としてトラさん(北山さん)とのシーンが多かったと思いますが、一緒に猫を演じてみてどうでしたか?
人間の姿でいるよりも、猫スーツでいたほうが、なんか話しやすかったですね。
私のほうがクランクインが遅かったので、北山さんが「やっと猫が来てくれた。友達ができた気分だよ」って言ってくださったり、猫スーツだからこそ自然と距離感が縮まっていたのかもしれません。

――撮影中の大変だったエピソードを教えてください!
猫だから高いところでの撮影が多くて……すべり台や丘の上などの、高いところで足をぶらんぶらんとさせて撮影するのが怖かったです。

“いつも前向きで、笑顔を大切にするトラさんはすごく魅力的”

――寿ヶ男は死んでしまった後、猫として現世に戻りますが、もし自分が転生をするなら何になりたい?
ん〜でも、猫がいいですね! 猫って死ぬ直前は飼い主に姿を見せないと言われているじゃないですか。
そういう生き方とか、カッコいいなと思うので。

――ホワイテストは、トラさんのよき理解者という役回りでしたが、飯豊さんが思うトラさんの魅力って?
「大丈夫」っていつも前向きで、どんなときも明るいところかな。
「こういう風にあるべきだ」とか、「こうしないといけない」っていうのは人それぞれあると思うのですが、それよりもトラさんはまず「大丈夫だ。笑顔でいてくれたらいい」って思っているんですね。それが一番大事なことだと思うので、そういう風に思えるところがカッコイイなと思います。

――最後に家族に残したいものを見つけるトラさんですが、飯豊さんだったら家族のために何を残したいですか?
これっていうものはないかな。それよりも、無理やりにでも明るくふるまって、日常をいつもどおり明るく過ごすと思います。

――家族に求めるものは…?
笑顔ですかね。
そのために、家族が望んだことは叶えてあげたいと思うし、私がテレビに出て人を励ましたり、私自身が笑顔でいることが、家族の笑顔にもつながると思っています!

家での過ごし方は? 最近うまくできた料理はお雑煮!

――家でのリラックス法は?
音楽を聴いたり、本を読んだり、 “好きなことする”ですかね。
あと、ご飯を作っている時間は、余裕がある気がして落ち着いた気持ちになります。

――ちなみによく作る料理は?
白いご飯に合うものとか。和食が多いです。あと、カレーが好きなので、よく作りますね!

ちなみに最近はレモンのハチミツ漬けにはまっていて、レモネードとかも作りました!

――最近一番うまくできたなと思う料理は?
お雑煮です。
お雑煮って家庭の味じゃないですか。母が作るお雑煮が好きでレシピを教えてもらい、味を足したりして自分なりのお雑煮を作ったときにすごく美味しくて!
お弁当として現場に持っていって食べてましたね。

――モデルとしても活躍する飯豊さん! 最近はどんなファッションが好きですか?
基本的にTシャツにデニムパンツとかのシンプルなスタイルが好きです!
最近は、マニッシュな感じも好きで、シャツや首のつまった服で大人っぽく見せたりしています。

お気に入りの服を着ると気分が上がったり、今日も頑張ろうって思えたりしますよね! いろんなお洋服を着て、ファションを楽しみたいです。

――渋谷での思い出はありますか?
小学生のときに初めて父にSHIBUYA109に連れて行ってもらいました! 中学生の時には、ニコル(藤田ニコルさん)とSHIBUYA109に遊びに行って、タピオカを飲んだのも思い出です。

“「トラさん」が1分1秒の大切さに気づかせてくれた”

――最後に読者に向けてメッセージをお願いします!
私自身、観終わったあとに「こんなに泣ける映画ってあるんだ……」と思うくらい涙を流しました。
限られた時間の中で家族のために何かを残そうとしているトラさんを見て、大切な人と一緒に過ごせるって、すごく恵まれていることに気づかされ、1分1秒の大切さを感じました。

一見、ポスターも「ウソでしょ!」って思う衝撃的なビジュアルだと思うのですが(笑)、このトラさんが、日常生活において大切で、忘れてはいけないことを身を持って教えてくれています。いろんな思いを散りばめている映画なので、たくさんの方に観ていただいて、いろんなことを感じてもらいたいなと思います。

【PROFILE】

飯豊まりえ
1998年1月5日生まれ。千葉県出身。2012年女優デビュー。以降数々の話題作に出演。昨年放送された「花のち晴れ〜花男next season〜」(18/TBS)ではヒロインの恋敵を好演し話題になった。今年もドラマ「週休4日でお願いします」(NHK)や「僕が笑うと」(KTV)、映画「惡の華」など多くの作品の放送や公開が控えている。また、秋には初の舞台への出演も決定している。さらに毎週土曜8:30〜放送中の朝の情報バラエティ番組「にじいろジーン」にレギュラー出演。雑誌「Oggi」、「MORE」でレギュラーモデルを務めるなど、多岐にわたって活躍中

〈Photo:Kenichi Mui〉
INFORMATION
『トラさん〜僕が猫になったワケ〜』2月15日(金)全国公開
出演:北山宏光、多部未華子、平澤宏々路
飯豊まりえ、富山えり子、要 潤、バカリズム
監督:筧 昌也
原作:「トラさん」板羽 皆(集英社マーガレットコミックス刊)
脚本:大野敏哉  音楽:渡邊 崇 主題歌:Kis-My-Ft2「君を大好きだ」(avex trax)
配給:ショウゲート
©板羽皆/集英社・2019「トラさん」製作委員会