脳性まひの男性が定員割れの高校に不合格 障害を理由に入学拒否か

ざっくり言うと

  • 重度の脳性まひで障害のある、兵庫県淡路市の16歳男性
  • 2018年の神戸市立楠高校の入試で、定員割れにもかかわらず不合格になった
  • 家族が「障害を理由に入学拒否された」と訴えていることが15日、分かった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング