映画『マックイーン:モードの反逆児』アレキサンダー・マックイーンの劇的な人生描くドキュメンタリー

写真拡大

アレキサンダー・マックイーンの人生に迫るドキュメンタリー映画『マックイーン:モードの反逆児』が、2019年4月5日(金)より全国の劇場で公開される。

“反逆児”アレキサンダー・マックイーンの劇的な人生描くドキュメンタリー

前衛的なデザインと独自の美学、そして突き抜けた想像力から生み出される数々のショーで世界を魅了したファッションデザイナー、アレキサンダー・マックイーン(Alexander McQueen)。天才デザイナーとしてその名を轟かせながらも、成功の陰で悩み苦しんだ1人の男は、富と名声の絶頂期にいた2010年、40歳という若さで自ら命を絶つという道を選んでしまう。

『マックイーン:モードの反逆児』では、ファッション界の“反逆児”としてドラマティックな人生を生きたマックイーンを、友人や家族たちとの独占インタビューにより探っていく。掘り起こされたファッションアーカイブ、伝説となったショーの裏側、そして友人でもあったマイケル・ナイマンによる極上の音楽を通して、称賛を込めながら描き出す。

アレキサンダー・マックイーン半生

ロンドンの労働者階級出身のリー・アレキサンダー・マックイーンは、日々の食費にも困っていたような23歳の時、失業保険を資金にファッションデザイナーとしてデビュー。その後次々と開いたセンセーショナルなショーは、大絶賛とバッシングで真っ二つに分かれ、彼の名前アレキサンダー・マックイーンは、たちまち世に広まる。そして1996年、弱冠27歳という若さで、名門メゾン「ジバンシィ(GIVENCHY)」のデザイナーに抜擢。

その一方、自身のブランドのショーは成功に反発するようにますます過激になり、“モードの反逆児”と名付けられるが、デヴィッド・ボウイやレディー・ガガの衣装デザイン、ビョークのミュージックビデオの監督、プーマやティム・バートンとのコラボレーションなどラブコールは後を絶たず、34歳で大英帝国勲章を授与される。

しかし、富と名声の絶頂期にいた2010年、母親をロンドン・ファッションウィーク数日前に亡くす。そして母の葬儀の前日である2月11日朝、自宅で亡くなっているのを、家政婦が発見。40年という短い生涯を終える。

作品情報

映画『マックイーン:モードの反逆児』
公開日:2019年4月5日(金)
監督:イアン・ボノート、ピーター・エテッドギー
音楽:マイケル・ナイマン
出演:リー・アレキサンダー・マックイーン、イザベラ・ブロウ、トム・フォードほか
© Salon Galahad Ltd 2018


[写真付きで読む]映画『マックイーン:モードの反逆児』アレキサンダー・マックイーンの劇的な人生描くドキュメンタリー

外部サイト

  • 映画『フリーソロ』素手だけで断崖絶壁に挑む極限クライミングドキュメンタリー
  • ドキュメンタリー映画『ビル・エヴァンス タイム・リメンバード』ジャズピアノの詩人、その人生に迫る
  • 映画『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』図書館員憧れの“知の殿堂”F・ワイズマン監督が描く