国際Aマッチ出場103試合を誇る鮫島。若手に経験を伝える意味でも頼もしい存在だ。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 日本サッカー協会は2月15日、アメリカで開催される「2019 SheBelieves Cup」に参加する、なでしこジャパンのメンバーを発表した。 
 
 同大会は2月27日から3月5日にかけて行なわれ、日本の他に、6月に開催される女子ワールドカップにも出場するアメリカ、ブラジル、イングランドという強豪国が参加。本番に向けての前哨戦とも言える大会だ。
 
 高倉麻子監督は「世界のトップレベルにあるチーム、それもタイプが違うチームとぶつかれる。今日本の持っている力、選手個々の力を見極めることができるので、楽しみにしている。貴重な学びの場になるし、チームとしても非常に伸びていくのではないかと感じています」と抱負を述べている。
 
 チームの成長を見込んでいる指揮官が今回選んだのは、鮫島彩や熊谷紗希らコアメンバーだけではない。昨年のU-20女子ワールドカップの優勝メンバーで弱冠18歳の遠藤純など、新進気鋭の若手も多く招集している。
 
「比較的新しい選手、若い選手を多く呼びました。たくさんの選手を選出してチャレンジして来て、貴重な戦力になり得ると考えたメンバー。彼女たちがどう力を発揮できるのか試す時でもある。期待を込めて、見てみたい選手を多く選んだ」と招集の意図を語る。
 
 一方で「コンディションの部分や、他の選手をより試したいということで外した選手もいる」という理由で、エースの岩渕真奈や田中美南らが選外となっている。
 
 今後2月20日から国内での合宿に臨むなでしこジャパンは、2月末にアメリカへと経ち、以下のスケジュールで大会を戦う。
 
2月27日(水)19:05 対アメリカ
3月2日(土)13:00 対ブラジル
3月5日(火)17:25 対イングランド 
※時間はすべて現地時間
 
今回の招集メンバーは以下のとおり。
※=国内合宿のみ参加、本大会は帯同せず。
 
GK
1 池田咲紀子(浦和L)
18 山下杏也加(ベレーザ)
21 山根恵里奈(ベティス/SPA)

DF
3 鮫島 彩(INAC)
4 熊谷紗希(リヨン/FRA)
5 市瀬菜々(マイナビ仙台)
6 有吉佐織(ベレーザ)
12 大賀理紗子(ノジマステラ)
22 清水梨紗(ベレーザ)
23 南 萌華(浦和L)
24 宮川麻都(ベレーザ)
※ 三宅史織(INAC)

MF
2 宇津木瑠美(シアトル・レイン/USA)
7 中島依美(INAC)
8 阪口萌乃(新潟L)
9 杉田妃和(INAC)
14 長谷川唯(ベレーザ)
17 三浦成美(ベレーザ)
16 松原有沙(ノジマステラ)
※ 阪口夢穂(ベレーザ)
 
FW
11 小林里歌子(ベレーザ)
13 池尻茉由(水原WFC/KOR)
15 籾木結花(ベレーザ)
19 遠藤 純(ベレーザ)
20 横山久美(長野L)