藤川京子

写真拡大

 ハンデ戦なので、気を付けていきましょう。過去のデータでも軽ハンデの馬が馬券に絡んでいます。見た目より斤量が効くレースのようです。しかし、その条件でも前走は万葉ステークスで2着で、その前は菊花賞3着のユーキャンスマイルは、目に止まります。前走は斤量53kgで今回は54kgですが、菊花賞は57kgでした。前走より斤量が1kg重くなりますが、乗り越えられると思います。

 しかし、万葉ステークスで見ると、3着のグローブシアターはユーキャンスマイルと同タイムですし、少し離されましたがカフェブリッツは、今回の斤量は前走と同じなので、侮れないと思います。

 また、前走の箱根特別で2着だったピッツバーグは、前走より4kg軽い49kgの斤量です。思い切った端を切る走りをされたら前残りの可能性もあると思います。過去10年では、端を切って残った馬が2頭います。その内の1頭は軽ハンデの馬でした。
ララエクラテールも古都Sが5着だった事を考えれば、4着だったグローブシアターと同等の力があるかもしれません。それも古都Sでは、グローブシアターとララエクラテールは斤量57kgで、今回ララエクラテールは51kgです。穴になる可能性があると思います。
ワイドBOX 10ユーキャンスマイル、6ララエクラテール、4ピッツバーグ
ワイドBOX 2カフェブリッツ、3シホウ、7ソールインパクト