「とんでもない少年、速いの」と司会の小倉智昭キャスターが驚く。SNSに投稿された7歳の少年の走る動画が世界中で話題になっているという。100メートル走で13秒48と、同世代のアメリカ記録になる可能性があるという。

コメンテーターの元陸上選手の為末大が100メートル13秒台で走ったのは11歳ごろというから、いかに速いかわかる。

陸上よりアメフト選手になりたい

少年はルドルフ・ブレイズ・イングラム君といい、4歳から父親と二人三脚でトレーニングを積み、今では「ネクスト・ボルト」と言われ始めている。「パパに言われた『身体で勝つ前に心で勝つんだ』って。レースが始まる前から、僕は1位なんだ」とメンタル面も強そうだ。

小倉「こんなに出来上がっていると、将来、伸びるかどうかというのがねえ。この子は負けた時はどういうふうに反応するんだろう」

グローバー(タレント)「ドラマが待っていますよね。そこでメンタルがどうなるか・・・」

本人は陸上より「アメフトの選手になりたい」と言っているという。