マラソン大会の通訳 ブログでアフリカ選手を「チンパンジー」と紹介

ざっくり言うと

  • 「別府大分毎日マラソン大会」の事務局は15日、差別的な表現を謝罪した
  • 同大会で通訳を務めた50代女性がブログで差別的な表現をしていたと発覚
  • アフリカの男子選手について「チンパンジー」と紹介していたという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング