米華字メディア・多維新聞によると、ニュージーランド政府が安全保障上の理由からファーウェイの5G参入を禁止したことを受け、ファーウェイは13日、現地の主要紙に全面広告を掲載して反論した。

写真拡大

米華字メディア・多維新聞によると、ニュージーランド政府が安全保障上の理由からファーウェイ(華為技術)の5G参入を禁止したことを受け、ファーウェイは13日(現地時間)、現地の主要紙に全面広告を掲載して反論した。

記事によると、ファーウェイは広告に「ファーウェイがいない5Gは、ニュージーランドがいないラグビーのようなもの」と記し、同国で盛んなラグビーを引き合いに、同国政府の決定を批判した。

ファーウェイをめぐっては、米国が情報窃取への懸念から各国に5G参入を認めないよう要請。ニュージーランド情報当局は昨年11月、同社の5G機器の使用計画を否決していた。(翻訳・編集/北田)