©テレビ朝日

写真拡大 (全2枚)

刑事拝命以来20年間の記憶を失ってしまった“記憶ゼロ”の刑事・時矢暦彦(沢村一樹)が、難事件に挑んでいく新木曜ミステリー『刑事ゼロ』。

同作の撮影現場で、主演・沢村一樹への“バレンタインサプライズ”が敢行された。

◆瀧本美織プロデュース!Happy Valentine企画

©テレビ朝日

昨年11月からはや3か月の間、京都で撮影中の『刑事ゼロ』。撮影の合間や撮影後にもキャスト同士で食事に行くことも多い家族のような現場で、チームワークも抜群だ。

そんな現場で、沢村一樹演じる時矢暦彦とバディを組む佐相智佳役の瀧本美織が企画した、愛のこもったサプライズ企画が行われた!

サプライズ前日には、瀧本自身がスタッフと愛のこもった作戦を会議。沢村がどうしたら驚いてくれるのか、喜んでくれるのか、ドラマさながらの真剣な推理で試行錯誤した。

◆リハーサル中にサプライズ決行!

企画は第7話の撮影リハーサルで決行され、瀧本が「時矢刑事。この状況を、どう思いますか?!」とセリフを決めた瞬間、時矢(沢村)のデスクのパーカーをひるがえすと、大量のチョコと愛のこもった色紙が登場!

突然の出来事にも関わらず沢村は冷静な表情で、「ちょっと何やってるの?!…バ、バレンタインのチョコも…」と、落ち着いた様子で芝居を続けようとしたところで、「沢村さん! ハッピーバレンタイン!」と瀧本の明るい声がスタジオ中に響き渡った。

その瞬間、沢村の表情が一変、「あはははは! 本当に?! ありがとう〜!」続けて、横山だいすけが「♪ハッピハッピ〜バレンタイン〜」と美声を響き渡らせて大盛り上がり。

すかさず沢村が、「みんなも、もらったの?」と聞くと、渡辺いっけいが「後でもらいます!」と笑顔で応戦。

そして、瀧本からさらなるサプライズが。

「沢村さん! これ見てください。私が書いたんですよ〜!」と手作りのかわいい色紙を手渡し、沢村が「あ〜かわいい〜ありがとう。すごい可愛い〜」と返すと、「棒読みー!(笑)」(瀧本)「心こもってないんだけど」(渡辺)と、劇中と同じくテンポのよいやりとりを繰り広げた。

「びっくりしました?」と改めて横山が問いかけると、「びっくりするよ! 何かと思ったよ!」という沢村の本音に、「よかった〜!」(瀧本)「朝からみんなソワソワしてたんです!」(横山)と、現場のキャスト・スタッフ全員が幸せな笑いに包まれた。

第6話が2月14日(木)に放送される同作、劇中でも出演者同士のテンポのよいやりとりに注目だ。