howdy goto氏

写真拡大

 東京・神保町の「ギャラリーコルソ」で11日、SNSで作品の画像を削除されたりアカウントを凍結・削除されたりした写真家やイラストレーター10人による「私たちは消された展 −凍結削除警告センシティブな内容を含みます−」がスタートした。連休中とあって会場は来場者で賑わい、作品を前に作家たちがSNSで削除された経緯などについて説明した。入場無料。最終日17日には午後3時から、作家全員が揃ってトークイベントを行う。

 会場に並ぶ女性の全裸やセミヌード、緊縛の写真やイラスト。その脇に掲示されている作家たちのプロフィールには、SNSでの華麗な戦歴が記されている。

「インスタ垢バン3回投稿削除3回」(天野功氏)

「警告1/凍結1/削除4」(MASADA-SUMMER氏)

「facebook警告多数。Facebook凍結2回」(木野正好氏)

といった調子だ。「垢」とはSNSなどのアカウントのこと。「バン」は、「追放」などを意味するネットスラング「BAN(=banish)」のこと。「インスタ」はインスタグラムだ。

「この展示会を企画したきっかけは、インスタグラムで自分の作品が削除されたことでした」

 そう語るのは、「扇情カメラマン」を名乗る酒井よし彦氏(インスタ垢バン2回 投稿削除3回 Facebook凍結2回)。ヌード写真を中心にエロティシズムを表現する写真家だ。

「やだね〜という話をしていたら、(今回の出展者の一人である)howdy goto氏もFacdebookで写真を削除されたという。じゃあ削除された写真で展示会をやろう、みんな集まれ、という話になりました。今回は日頃作家として活動している人に限定して、BAN経験者に削除された作品2点を必ず含めるという形で出展してもらいました」(同)

 howdy goto氏(Facebookで削除2回ほか)に作品を削除された経緯を聞くと。

「この服を着た女性の写真が削除されました。問題になったのは被写体の女性ではなく、写真に写り込んでいるアメリカのプレイボーイ誌のピンナップのようです。ここに、女性の乳首も写っている。これが、Facebookにアップして1分で削除されてしまいました。SNS側が自動的に検知して削除したように思えます」

 howdy goto氏の作品は、トイレ内に様々な装飾を施し、そこで女性を撮影したものだ。装飾品の中におっぱいを模したオブジェが複数並ぶが、「これだけだと、Facebookは違反として検知しない」(howdy goto氏)という。ところが、写真の隅にピンぼけで実物の乳首が写っている写真のほうは、しっかり検知されて削除された。

 Facebookの乳首検知能力の高さに驚かされる。

◆展覧会の内容をSNSに投稿した著者もまさかの……

 削除対象は、性器や乳首だけではない。「昭和B級エロをテーマに自撮りするハレンチ熟女」を名乗るマキエマキ氏(インスタ垢バン5回。最短アカウント保持日数は3日)は、下着姿で尻を丸出しにした写真(乳首なし)や、全裸で股間と乳首をホタテ貝で隠した写真をインスタグラムで削除されたという。

「胸は出しておらず、股間も手で隠している写真が、出力業者でプリントを拒否されたこともあります」(マキエマキ氏)

 SNSだけではなく、印刷業者などの自主規制によって発表を阻まれるケースもあるようだ。

 表現の自由を求める作家たちの展示会だが、SNSへの批判や政治的主張は一切ない。いずれの作品も、見る人によって好き嫌いはあるかもしれないが、作品のコンセプトや作家の美意識が素人目にもわかるものばかりだ。

「アートなのかポルノなのかという議論をするつもりはありません。我々は自分たちが好きなことを表現している」(酒井氏)

 表現の自由のための主張や議論をするのではなく、BANされてもなお表現を続ける事自体を目指した芸術展だ。誰にでもわかりやすい「SNSでのBAN」をテーマにしていることから、芸術に疎い記者自身も作品を前にして作家陣とのとの会話に事欠かなかった。芸術に馴染みが薄い人が芸術に触れるきっかけとしても、成功しているように思える。

 会場内は、一般来場者も撮影自由。作家名やハッシュタグ「#私たちは消された展」を併記すれば、作品そのものをSNS等に写真を投稿しても構わない。

「ただし、それによってSNSでBANされても、自己責任ということでお願いします」(酒井氏)

 早くも展示会初日のうちに、Facebookに展示会の様子を写した写真を投稿してアカウントを3日間凍結された来場者も出ている。記者もさっそくFacebookに会場の写真を投稿してみたところ、投稿後7分で、警告メッセージが表示された。

 この展示会は、作家たちが経験したBANを来場者も追体験できる参加型イベントだった。

<文/藤倉善郎(やや日刊カルト新聞総裁)・Twitter ID:@daily_cult3>
ふじくらよしろう●1974年、東京生まれ。北海道大学文学部中退。在学中から「北海道大学新聞会」で自己啓発セミナーを取材し、中退後、東京でフリーライターとしてカルト問題のほか、チベット問題やチェルノブイリ・福島第一両原発事故の現場を取材。ライター活動と並行して2009年からニュースサイト「やや日刊カルト新聞」(記者9名)を開設し、主筆として活動。著書に『「カルト宗教」取材したらこうだった』(宝島社新書)