Arrangement of Fresh Raw Organic Beet Roots Full Body, Halves and Young Sprouts with Green Beet Tops closeup on Wooden Cutting Board. Top View

写真拡大 (全2枚)

 ビーツは根菜の一種で、ビートルートとも呼ばれています。紫がかった濃い赤色が特徴で、ウクライナやロシアの郷土料理であるボルシチの赤い色はこのビーツによるもの。今回は日本ではまだまだ知られざる?!魅力いっぱいのビーツの栄養効果についてお伝えします。

ビーツに含まれる栄養素

 ビーツは「てんさい糖」のもととなる甜菜の仲間で、同じように強い甘みがあるのが特徴です。そのためショ糖を多く含んでおり、他にもビタミンB群やビタミンC・E、ミネラル類、食物繊維などがバランスよく含まれています。
ビーツの特徴である赤い色素は「ベタシアニン」といい、高い抗酸化力を持っています。

・今すぐ読みたい→
おからの驚くべき効果効能 https://cocokara-next.com/food_and_diet/effect-efficacy-surprising-okara/

ビーツでキレイに!期待できる3つの効果


1.若さを保つ抗酸化力
ビーツに含まれているベタシアニンにはポリフェノール類と同じく高い抗酸化力があり、体内の活性酸素を除去してくれる働きを持ちます。そのため細胞を若く保ち、がんの予防やアンチエイジング効果に期待ができます。

2.むくみ解消効果
ミネラルの中でもとりわけ多く含まれているのがカリウム。カリウムには体内の余分なナトリウムの排泄を促してくれるため、むくみの解消や血圧の降下などに効果があります。

3.貧血・風邪予防
ビタミンの中では葉酸を多く含みます。葉酸はビタミンB12と共に働き造血を促し貧血予防に働きます。また、葉酸には皮膚や粘膜を強くする作用を持っているため、体内へのウイルスの侵入を防ぐ効果も期待できます。

ビーツのおすすめの食べ方

 ヨーロッパなど欧米諸国では一般的かつ人気の高いビーツ。素揚げしたものや乾燥させたものがチップスになって売られていたり、おやつとしても親しまれているほど。
日本ではまだ生のビーツを見かける機会は少ないですが、水煮として缶詰になっているものは比較的手に入りやすいのでぜひ探してみてください。

■ビーツのポタージュ
じゃがいもと合わせて、ほっとする甘みのあるポタージュに。食卓に彩を与えてくれる一品です。

■ボルシチ
鍋に油を熱し牛肉を炒めたら、じゃがいも・玉ねぎ・にんじん・キャベツを加え炒めます。
全体に油がなじんだら水煮ビーツの身とトマトを加え、水と固形スープ、ビーツの缶汁を加えて煮込めば完成です。

■ビーツ入りピクルス
生のビーツが手に入ったら、セロリやれんこん・玉ねぎなどの野菜と合わせてピクルスにしてみましょう。
ピクルス液はお酢と砂糖を5:1で混ぜたもの、もしくはすし酢を使うのもおすすめです。
一晩経つとビーツから色が出て、他の野菜もきれいな赤色に染まったピクルスの完成です。

 美容にも健康にも嬉しい栄養がたっぷりつまったビーツ。

まだ食べたことがないという方はぜひ一度試してみてくださいね。

「あすけんダイエット - 栄養士が無料であなたのダイエットをサポート(www.asken.jp)」

[監修:あすけん 管理栄養士]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

・今すぐ読みたい→
おからの驚くべき効果効能 https://cocokara-next.com/food_and_diet/effect-efficacy-surprising-okara/