ブラジルのダム決壊事故 危険性を2018年10月時点で認識していた

ざっくり言うと

  • ブラジルの資源大手ヴァーレの鉱滓ダムが1月25日に決壊事故を起こした
  • ヴァーレは事故について、2018年10月の段階で危険性を認識していたと判明
  • 決壊リスクを指摘していた内部報告書の存在を海外メディアが11日に確認した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング