ベルリン映画祭で中国作品の出品中止相次ぐ 政府の意向と臆測も

ざっくり言うと

  • 7日から開催中のベルリン国際映画祭で、中国作品の出品中止が続出している
  • 先週は「ベター・デイズ」、11日には「ワン・セカンド」が出品中止に
  • エンタメ業界の締め付けを強化している中国政府の意向が働いたとの臆測も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング