ドイツで移民の少女を狙った暴行相次ぐ 犯罪の動機は憎悪か

ざっくり言うと

  • ドイツのベルリンで10日、外国人の少女を狙った暴行事件が2件発生した
  • 警察によると、襲撃者の男は「少女らを排外的な言葉で侮辱した」という
  • 移民への憎悪が犯罪の動機となっている可能性があるとのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング