ハンドリング重視のディメンジョンを実車で確認!

 大阪オートメッセ2019にて、新型スープラ(90スープラ)の日本仕様が初公開となった。新型スープラは、TOYOTA GAZOO Racingが展開するスポーツカーシリーズ「GR」初のグローバルモデル。

 すでに今年1月のデトロイトモーターショーで、世界初披露となったGRスープラだが、右ハンドルの国内仕様は、この大阪オートメッセ2019でのデビュー。

 GRスープラの特徴は、「ホイールベース」「トレッド」「重心高」の3つの基本要素にこだわり、ピュアスポーツカーにふさわしいハンドリング性能にこだわったところ。

 ホイールベースは、2シーターに割り切ることで86よりも100mm短い2470mmとし、ホイールベース:トレッド比は、ピュアスポーツカーとしてもかなり小さい1.55というスペック。1,520kg(社内測定値)という大きな車体のスポーツカーとしては、操縦性、回頭性に振ったディメンションだということがよくわかる。

 エンジンは、スープラ伝統の3リッター直6ツインスクロールターボ(340馬力)の「RZ」と、2リッター4ツインスクロールターボの「SZ-R」(258馬力)と「SZ」(197馬力)の3種類。

 重心高は、水平対向エンジンを搭載した86よりもさらに低重心を達成。前後重量バランスも、FR理想とされる50:50にまとめられていて、パフォーマンスはかなり期待できる。

 今日が初日の大阪オートメッセ2019に来場できる人は、GRブースに行って、まずはGRスープラのディメンションを自分の目で確認してみよう。

レクサスのスーパーカー「LFA」を超える高剛性を達成

 また、あのトヨタ2000GTから継承したとされる、空気抵抗低減に寄与するダブルバブルルーフなど、エクステリアにどこまでトヨタ2000GTテイストが反映されているかも、実車でチェックしたいところ。

 メカニズム的には、電子制御多板クラッチによって後輪左右間のロック率を0〜100の範囲で無段階に最適制御するアクティブディファレンシャルや、86の約2.5倍ものボディ剛性を誇る高剛性ボディにも注目。

 GRスープラでは、アルミニウムと鉄を用いた骨格構造と、異なる素材同士の接合強度を追求したことで、CFRP(炭素繊維強化プラスチック)キャビンを採用したあのレクサスLFA以上の高剛性に仕上がっているらしい。

 細かいところでは、せっかくの直6エンジンなのに、レッドゾーン(オレンジゾーン)が6500rpmではじまるのはちょっと寂しい……。(ただし、その直6エンジンの最大トルクは1600rpmという超低回転で発生! しかも500N・mというスペックを誇る)

 そもそも、直6という形式が、最新のスポーツカーとしてどうなのかという感じもするし、一方で、ミッションが8速ATオンリーというのも??? もしかすると、古くて新しいそのスペックが、GRスープラのアイデンティティなのかもしれない。

 発売前から気になるところが満載のGRスープラ。まずは大阪オートメッセ2019で実車をじっくり見てみよう。