ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 2019年もはや2月に突入。次週、JRAでは今年最初のGIが早くも行なわれます。

 その前に今週は、今春のクラシックを占ううえで重要な3歳重賞が2つ開催されます。これまで多くの名牝を生み出している3歳牝馬の重賞、GIIIクイーンC(2月9日/東京・芝1600m)が土曜日に、過去に何頭ものクラシックホースを送り出しているGIII共同通信杯(2月10日/東京・芝1800m)が日曜日に行なわれます。

 クラシックの蹄音が聞こえ始め、今年の競馬界もいよいよ盛り上がってきましたね。

 さて、例年ほぼフルゲートとなるクイーンCが今年は9頭立て。共同通信杯はさらに少なく、7頭立てで争われることになりました。

 ここでは共同通信杯を取り上げたいと思いますが、この少頭数ですから「馬券的に妙味はあるのか?」と、敬遠される方もいらっしゃると思います。しかしこの頭数でも、意外とひと筋縄では決まらないのでないか、という雰囲気を感じています。

 実際、先週行なわれた3歳重賞、GIIIきさらぎ賞(京都・芝1800m)も波乱の結果となりました。わずか8頭立てのレースながら、上位人気の実績馬が馬群に沈み、馬連が7460円、3連複が2万3670円、3連単は14万1960円という高配当をつけました。

 私もここまで荒れるとは思っていませんでしたが、こうした結果を予想していた方は非常に少なかったのではないでしょうか。やはりこの時期の3歳戦ですから、そこまでの差がないということや、実績のある馬は目標が先にあることなどが影響して、こういう波乱の決着になったと思います。

 そして、今週の共同通信杯でも、GI馬アドマイヤマーズ(牡3歳)と、前走でGIII京都2歳S(2018年11月24日/京都・芝2000m)を制したクラージュゲリエ(牡3歳)という実績上位の2頭が人気になるでしょう。

 まず、アドマイヤマーズはここまで4戦4勝。負けなしでGI朝日杯フューチュリティS(2018年12月16日/阪神・芝1600m)を制した2歳王者です。

 勝った4戦はすべて完勝。着差がわずかなレースでも、その内容はどれも危なげないものばかりでした。とくに前走の朝日杯FSでは、牝馬のグランアレグリアに人気は譲ったものの、結果は力でねじ伏せる強い競馬でした。

 しかも、まだ荒削りな面を多々見せており、成長の余地を多分に残しているように見えるのは、大きな魅力。同じ2歳GIのホープフルS(中山・芝2000m)組との力関係は未知数ですが、現時点で世代最上位の実績と能力があることは間違いないでしょう。

 ところで、中山で開催されていた時代も含めて朝日杯の勝ち馬は、おおよそ3月のGII弥生賞(中山・芝2000m)かGIIスプリングS(中山・芝1800m)で年明け初戦を迎えていました。それは、GI戦における激戦の疲れを抜くために少し長く休ませたい、なおかつ寒い厳冬期に無理はさせたくない、という理由があってのことでしょう。

 そうした傾向にあって、アドマイヤマーズが少し早いここから始動するのは、少し気になります。というか、何らかの意図を感じますね。

 クラシックへ向けて、距離を徐々に伸ばすことを考慮しているのならば、例年の勝ち馬同様、スプリングSからの始動でいいと思います。ではなぜ、休養期間を短くして、寒い時期から始動するのでしょうか。

 推測するに、ひとつは東京コースを経験するため。クラシック第1弾となるGI皐月賞(中山・芝2000m)の次に向かう大舞台は、GI NHKマイルC(東京・芝1600m)かGI日本ダービー(東京・芝2400m)となり、そこに向かう前に東京コースを経験するには、この共同通信杯しかないからです。

 現に、過去にも多くの関西馬がここをステップにしてクラシックに挑んでいます。つまり、クラシックで勝ち負けを狙う陣営のステップとしては、極めて”自然”ということです。

 また、馬の性格的に「あまり長く休ませたくない」という意図もあるかもしれません。休みが長くなってしまうと、気性的にピークへ持っていくまでに時間がかかる馬もいますからね。前々走、およそ3カ月半の休養を得て臨んだGIIデイリー杯2歳S(1着。2018年11月10日/京都・芝1600m)の際に、陣営としては何かを感じたのかもしれませんね。

 何はともあれ、アドマイヤマーズを管理しているのは、クラシックでの実績がある友道康夫厩舎。何か意図のあるローテーションだとしても、マイナスではなく、プラスに考えていいのではないでしょうか。目標はあくまでも先なので、取りこぼす可能性はありますが、恥ずかしい競馬はしないはずです。

 ちなみに、朝日杯を勝って年明けの始動戦が共同通信杯だった馬を探してみると、2006年のフサイチリシャール(2着)まで遡(さかのぼ)らなければいけませんでした。

 それ以前には、1994年のナリタブライアン(1着)、1990年のアイネスフウジン(1着)、1988年のサクラチヨノオー(4着)がいました。思えば、この3頭はその年のダービー馬に輝いていますね。あくまでも参考ですが……。

 一方、クラージュゲリエはどうでしょうか。

 この馬もまた、東京コースを経験することが大きな目的のひとつでしょう。そのことだけを捉えれば、有力な1頭にも思えますが、同馬を所有するのが大手のクラブ馬主というのが気になります。

 同世代の牡馬には、ホープフルSを勝ったサートゥルナーリアを筆頭に、オープン馬がたくさんいます。それで、エングレーバーが先週のきさらぎ賞に出走したときにも感じたのですが、同じクラブ馬同士がかぶらないように、レースを使い分けている印象があります。

 結果として、エングレーバーは最下位に敗れましたからね。敗れた理由は他にもいろいろとあると思いますが、一抹の不安を感じます。

 これら前述の2頭に肉薄する馬、すなわち”第3の存在”となるのは、ダノンキングリー(牡3歳)でしょう。この馬を今回の「ヒモ穴馬」に指名したいと思います。


一発の可能性を秘めているダノンキングリー

 ここが重賞初挑戦。実績的には先に挙げた2頭に劣りますが、東京コースで行なわれた新馬戦(2018年10月8日/東京・芝1600m)を勝っており、舞台経験があることは、ひとつのアドバンテージになります。

 東京コースというのは、直線が長く、坂もありますが、4コーナーを回るあたりに残り600mの標識があります。要するに、残り3ハロンはほぼ直線となるため、他の競馬場に比べて上がりのラップは速くなります。今の時代、33秒台は当たり前で、レース次第では33秒台前半、時に32秒台という驚異的な数字が計時されることもあります。

 ということは、それだけの決め手、瞬間的に速い脚を繰り出せるかどうかが求められるコースです。

 新馬戦でのダノンキングリーは、レースの上がりが34秒0というなか、道中好位でレースを進めながら、自身33秒4の上がりをマークして勝利しました。8枠17番発走から前のほうにつけて、終(しま)いもしっかりと決め手を発揮。その内容から、十分に能力の高さを感じました。

 また、このレースの2着〜4着馬はその後のレースですでに勝ち上がっており、レース自体のレベルが高かったことを証明。ダノンキングリーの強さを一層引き立てました。

 そうしてダノンキングリーは、前走の500万特別・ひいらぎ賞(2018年12月15日/中山・芝1600m)、トリッキーな中山・芝マイル戦を舞台にして、その強さを存分に見せつけました。

 またも8枠15番という大外発走ながら、中団で折り合いをつけて追走。3、4コーナーでは終始外目を回らされるも、直線に入ってから楽々と抜け出して、1分33秒7の好タイムで勝利を飾りました。後続に3馬身半をつける圧勝で、まだまだ余力があったことには驚かされました。

 例年よりも、時計がひとつ(約1秒)速い馬場だったと思うでの、勝ち時計の速さだけを見て高評価を与えるのは早計かもしれませんが、それだけ速い脚を使ったことは事実。それこそ、東京コースでは大きな武器になるでしょう。 人気の実績馬2頭を、まとめて負かす可能性を感じる1頭です。新たなクラシック候補が、また出現するかもしれませんよ。