【クイーンC】カレンブーケドール  国枝師「相手も強そうだが期待はあるよ」

写真拡大

クイーンカップ
カレンブーケドール

デビューから2、3、1着と崩れない安定味が売りのカレンブーケドール(牝3、国枝)。デビュー戦でアタマ差接戦だったダノンキングリーは、その後ひいらぎ賞(500万下)も勝っており、本馬も昇級しても侮れない。

東京競馬の金曜日夜間発売の取りやめ

昇級しても侮れない

国枝調教師は「追い切りの動きは前走よりも良かったね。成長を感じます。距離はもっとあってもいいかもしれないけど、広い東京のマイルだからね。相手も強そうだが、期待はあるよ」とまずまずの手応え。