FIFA女子ワールドカップフランス大会まであと4カ月――まだオフ中のチームもあるなか、なでしこジャパンが早々に始動した。

 1月31日から5日間、若手選手を盛り込んだ総勢27名の大所帯でスタートした候補合宿。昨年世界一を経験したU-20世代や、なでしこジャパン入りを目指すなでしこチャレンジプロジェクトから引き上げられた若手が伸び伸びとアピールする姿が見られたピッチに、高倉麻子監督自ら”心臓部”と語っていた阪口夢穂(日テレ・ベレーザ)が立っていた。


9カ月ぶりになでしこに戻ってきた阪口夢穂(中央)

 昨年4月、AFC女子アジアカップで優勝をもぎ取った直後のリーグ戦で阪口は右膝前十字靭帯と内側半月板を損傷し、長期離脱を余儀なくされた。年末に大阪で行なわれた皇后杯決勝で、本人曰く「ふるさと枠(大阪出身)」でのラスト数分間だけ公式戦に出場したが、なでしこジャパンとしては約9カ月ぶりの復帰となった。

 今シーズンは始動が早い旨を選手たちに事前に通達していたこともあり、オフ明けにしては選手たちのコンディションは悪くなく、高さとスピードをリクエストしていた男子大学生とのかなりシビアな合同トレーニングも敢行することができた。こうしたフィジカルにハンデのある相手との9対9は、当然ワンサイドゲームになる。力を均等に分散させた3グループは各3本を戦ううちに、なでしこの強みである”修正力”を見せてパワー攻撃を抑えこめるようになっていた。

 その3本目に効果的な攻撃でフィニッシュにつなげた形を複数回見せたのが、阪口のチームだった。男子選手の強い当たりを事前にうまくいなしながら、常に味方の間に顔を出す阪口ならではの絶妙なポジショニングは健在。この時期でここまで動けるまでに体を戻すには、相当のリハビリを重ねたことが容易に想像できる。

 2009年にも阪口は左膝の前十字靭帯を損傷し、シーズンを棒に振っている。阪口は2008年の北京オリンピックを前に、佐々木則夫監督によって澤穂希とともにダブルボランチにコンバートされた。天才2人が必死に”ボランチ”というポジションを模索した結果、現在のなでしこジャパンのスタイルが築かれたと言っても過言ではない。初めての大舞台で当時のオリンピック最高位となる4位に入り、ここからさらに自身を高めていこうとアメリカ(FCインディアナ)へ移籍した矢先の受傷だった。

「ケガをする前の自分のプレーと比べられることがイヤ」――当時こう語った阪口には早くピッチに戻りたい、戻らなければという焦りしかなかった。しかし今回は、大事な時期での離脱だったものの、かなり心境は異なるようだ。

「今回は強がりでも何でもなく、焦りは全くなかった。むしろ有意義に過ごしていました」

 そう過ごせた理由のひとつには、高倉監督就任直後に同じくケガで長期離脱していた有吉佐織(日テレ・ベレーザ)が代表に復帰し、ほぼ1年をかけてサッカー勘を取り戻しながら、初めてのボランチにも挑戦し、アジアのタイトルを奪取する姿があった。

 そして、所属するベレーザが大きく成長していく姿も、もうひとつの理由だ。昨シーズンのベレーザは永田雅人監督のもとで、大きくスタイルを変えようと臨んでいた。しかし、阪口は1ボランチというシステムに手応えを掴む間もなく離脱。変わって三浦成美が抜擢され、懸命に食らいつきながらその感覚を掴んでいくと、シーズン終盤にはベレーザ全体に流れが生まれていた。

 そこで気になっていたのが、試合を見に来ていた阪口の反応だった。実に穏やかなのである。ベレーザの変化を焦燥感なく見つめているその姿に、こちらとしては不安が膨らむ一方だった。阪口は自身への過小評価が過ぎることも多々あり、『もう自分は必要ない』と思ってしまうのではないかと懸念を消しきれなかった。

「そう思うことは実際にありましたよ(笑)。こういうチームの形もあるって素直に感じていた。自分がそこに入る入らないっていうより、必要じゃないかもって。イメージが湧かなかったんです。でも永田監督といろいろ話して、やってみようという気持ちになりました」

 想像したとおりだった。けれど阪口は新しい挑戦を決断し、今こうしてなでしこジャパンのピッチに戻ってきた。

「(体の状態的には)代表に呼ばれるのは少し早いかなとは思ったんです。ここまでは体の機能を戻すリハビリをやってきました。ここからはサッカーをしながら視野とかサッカー勘というものを戻していかないといけない。叩き込んでいくしかないんですよね。それが本大会までの4カ月で足りるのかどうかっていうのはわからないんですけど……」

 有吉の場合でも復帰後、半年以上をかけてやっと戻ってきていた。阪口にそれだけの猶予はない。なでしこジャパンでもっとも多数の選手とボランチでコンビを経験した阪口。この合宿でもチームメイトの三浦をはじめ、長野風花(ちふれASエルフェン埼玉)、杉田妃和(ひな/INAC神戸レオネッサ)、松原有沙(ノジマステラ神奈川相模原)といった若い中盤の選手たちが招集されている。なでしこ最強の経験値を持つ阪口と可能性を無限に秘めた若手選手たち――。用意された椅子には限りがある。それぞれに熾烈な4カ月が待ち構えている。

「いろんなポジションをできたり、メンタル的な部分でチームを支える選手であったり、グランドで力を発揮する選手だけではなく、戦う集団として責任と誇りをもって戦える23人を選びたい」という指揮官の心情は当然阪口にも痛いほど伝わっている。

「若い選手たちのプレーは本当におもしろい。ここまで、『もういいや』って思う時期はいっぱいありました。何回もあったんです。でも、ここから可能性を追える彼女たちに比べたら私に残された先って絶対に短いじゃないですか。だから、できることは全部やりたいんです。諦めずに」

“諦めずに”――阪口の口からめったに出ることのないこの言葉に衝撃を受けた。指揮官や周りの選手の意図を最優先に考え、周りを生かすための最高のパフォーマンスを見せる。それが阪口の美学であり、色である。

 時折彼女は自分を”黒子”と表現するが、それだけにとどまらない力がダダ漏れだ。あまたの選手を生かしてきた阪口を生かすことができる若手が出てこないものか。彼女の想像をはるかに超えたパスに驚きつつも「私も生かされる立場になったか」と笑いながら、諦めずにそのボールを追う阪口の姿が見てみたい。それが、”強いなでしこジャパン”の最強かつ最高のレシピな気がする。