2019年3歳クラシック
Sportivaオリジナル番付(牝馬編:第2弾)

 今春のクラシックを目指す世代の牝馬で、1、2の評価を受けていた2頭が、昨年暮れに阪神を舞台にして行なわれた2つの2歳GIに出走。牝馬限定のGI阪神ジュベナイルフィリーズ(12月9日/阪神・芝1600m)に、ダノンファンタジー(牝3歳/父ディープインパクト)が臨み、牡馬混合のGI朝日杯フューチュリティS(12月16日/阪神・芝1600m)には、グランアレグリア(牝3歳/父ディープインパクト)が果敢に挑んだ。

 ともに1番人気に支持され、ダノンファンタジーは見事にその人気に応えたものの、グランアレグリアは”牡馬の壁”に泣いて3着に終わった。


阪神JFを制して2歳女王に輝いたダノンファンタジー

 また、年明けのGIIIフェアリーS(1月12日/中山・芝1600m)では、未勝利戦を勝ち上がったばかりのフィリアプーラ(牝3歳)が勝利。クラシックで戴冠を狙う1頭として、名乗りを挙げた。

 こうした状況のなか、パソコン競馬ライターの市丸博司氏が3歳牝馬戦線の現状について、こう語る。

「昨年の11月末時点では牡馬よりも牝馬のほうが、TF指数(※市丸氏が独自に編み出したデータ指数)が高く、明らかに粒ぞろいのメンバーがそろっていました。しかし、2カ月のときを経て、勢力図は大きく変わりました。重賞やオープン特別が消化されるごとに、牡馬の指数が上がってきて、逆に牝馬の指数は伸び悩んでいます。

 クラシック第1弾となるGI桜花賞(4月7日/阪神・芝1600m)を目指す牝馬は、阪神JFのあとは休養に入るのが普通で、能力がある馬ほど、この時期のレースに出走することはほとんどありません。それを加味しても、その後に行なわれた牝馬限定のリステッド競走(※オープン競走の中でグレード競走に次ぐ重要な競走)や重賞は、レベル的に疑問を持つレースばかりでした。おかげで、私のランキングでは4頭が阪神JF組となりました」

 ともあれ、今週末にはその注目の阪神JF組から何頭か出走し、今後を占ううえでも重要な重賞、GIIIクイーンC(2月9日/東京・芝1600m)が行なわれる。今回はその一戦を前にして、現時点での3歳牝馬の『Sportivaオリジナル番付(※)』を発表したい。
※『Sportivaオリジナル番付』とは、デイリー馬三郎の吉田順一記者、日刊スポーツの木南友輔記者、独特なデータを駆使するパソコン競馬ライターの市丸博司氏、フリーライターの土屋真光氏、Sportiva編集部競馬班の5者それぞれが、今春のクラシックを目指す3歳牝馬の、現時点における実力・能力を分析しランク付け。さらに、そのランキングの1位を5点、2位を4点、3位を3点、4位を2点、5位を1点として、総合ポイントを集計したもの。

 1位に輝いたのは、ダノンファンタジー。阪神JFを勝って結果を出したことで、前回2位から首位に浮上した。

市丸氏
「阪神JFは強いレースでした。平均やや遅めのラップを、4角から大外に出しての豪快な直線一気。その際、さらに外から来たクロノジェネシス(牝3歳/父バゴ)と競り合いながら、最後まで抜かせなかったのは素晴らしかったです。少なくとも、その内側から差してきた3着以下とはやや能力差があると感じました。

 桜花賞に向けては、今のところ『最短距離に立っている存在』と言っていいでしょう。このままの状況なら、相手は阪神JF組ではなく、別路線から来るラヴズオンリーユー(牝3歳/父ディープインパクト)やグランアレグリアではないか、と見ています」

木南友輔氏(日刊スポーツ)
「新馬戦ではグランアレグリアの後塵を拝しましたが、そのライバルが朝日杯FSで3着に敗れ、桜花賞直行ローテを発表。順調さ、という点でこの馬が牝馬クラシック路線の”主役”になったと考えていいでしょう。

 阪神JFの勝ち時計は、前年覇者のラッキーライラックをコンマ2秒上回っています。そして、ラッキーライラックはその後、桜花賞2着、オークス3着。そのラッキーライラックに次いで阪神JF2着だったリリーノーブルが、桜花賞3着、オークス2着でした。同様に考えれば、今回の阪神JFで1〜4着に入った馬の能力はそのまま信頼できると思います」

 2位に入ったのは、阪神JFでダノンファンタジーに次ぐ2着となったクロノジェネシス。前回5位から大きくジャンプアップした。

吉田順一氏(デイリー馬三郎)
「昨秋のGIII紫苑Sを圧勝し、年明けのGIII愛知杯で2着と好走したノームコア(牝4歳)の半妹。父がハービンジャーからバゴに代わり、破折気味のつなぎと細い脚からすれば、好走条件は意外と狭い印象を受けます。

 ところが、オープン特別のアイビーS(2018年10月20日/東京・芝1800m)、阪神JFを含めた過去3戦、すべて最速上がりをマーク。一瞬でギアが上がる血統、馬体、脚元、走法ではなく、長い直線でフルに脚を使うタイプで、桜花賞→オークス(東京・芝2400m)という流れで行なわれる設定は向く、と判断していいでしょう。もう少し馬体が膨らんで、心身ともに成長できれば、さらに楽しみが出てきます」

市丸氏
「アイビーSで上がり32秒5というタイムをマークして快勝。そのレースぶりから注目を集めていましたが、阪神JFでも勝ち馬と同じようなパフォーマンスを見せたことには驚かされました。ダノンファンタジーを逆転するのは難しそうですが、今後の成長次第では……と思わせる1頭です」

 3位は、前回断然の1位だったグランアレグリア。朝日杯FSで人気を裏切ったうえ、今後のローテーションにも疑問を抱かれて、順位だけでなく、ポイントも大きく減らしてしまった。

土屋真光氏(フリーライター)
「朝日杯FSでは、アドマイヤマーズ(牡3歳)に外からプレッシャーをかけられて、牝馬にとっては厳しい形となりました。もうひとつ、気になったのは馬体の増加。鍛えられて逞しくなったというよりは、輸送を見越して余裕を残して調整したのに、想定していたほど減らなかったという印象です。

 とすれば、輸送でへこたれるタイプではない、ということ。きっちり作り込んでいけば、桜花賞では巻き返しが期待できるはずです。逆に、桜花賞で見せ場さえ作れなかった場合は、早熟だったということでしょう」

吉田氏
「オーナーサイドや牧場、ジョッキーなどの事情により、朝日杯FSに挑戦。結果は3着に終わりましたが、パドックでは時折チャカつく程度で、発汗やイレ込みは見られず、馬体重も6kg増で、関西への長距離輸送にはメドが立ったと言えます。桜花賞へのいい予行演習になったのではないでしょうか。

 レースでは、2番枠から行き脚よく先行策。前半は多少右ハミをかんでいましたが、すぐにリズムよく追走していました。ただ、右回りが初めてだったことや、勝ったアドマイヤマーズのいい目標になって、早めに並ばれたことで内にモタれてしまったのが誤算でした。

 それでも、一気にかわされたあと、一瞬でも差し返そうとしたあたりは評価していいでしょう。時計の速い舞台になりやすい今の阪神(桜花賞)や、東京(オークス)も歓迎のクチ。クラシック本番で能力をフルに発揮できそうな点は強調材料となります」

 4位は、2戦2勝のラヴズオンリーユー。昨年の11月以来出走がなく、阪神JFの上位陣にポイントを奪われた形で、前回よりもワンランクダウンとなった。

木南氏
「大跳びな感じが、全兄のリアルスティールそっくり。白菊賞(2018年11月25日/京都・芝1600m)では、鞍上の岩田康誠騎手が相当な自信を持って乗っていたように見えました。

 本来の距離適性はわかりませんが、兄は菊花賞(京都・芝3000m)で2着。牝馬同士であれば、オークスの距離も大丈夫ではないでしょうか」

 そして、5位は奇しくもGIIIアルテミスS(2018年10月27日/東京・芝1600m)の上位2頭で、阪神JFの3、4着馬が同ポイントでランクイン。アルテミスSの勝ち馬で、阪神JF4着のシェーングランツ(牝3歳/父ディープインパクト)は前回4位からひとつ順位を落とし、アルテミスS2着で、阪神JF3着のビーチサンバ(牝3歳/父クロフネ)は前回圏外から一気にランク入りを果たした。

土屋氏
「同じ藤沢和雄厩舎でも、シェーングランツはグランアレグリアとは対照的に、阪神JFで前走比マイナス8kg、デビューからだとマイナス16kgと、本来成長する時期にもかかわらず、レースを使うたびに体を減らしてきました。それでいて、阪神JFでは後方から追い込んでコンマ3秒差の4着。極めて省エネの走りだったことを思えば、その結果にも、能力の高さをあらためて感じさせるものがありました。

 前走後は、しっかりと休養。前哨戦となるGIIチューリップ賞(3月2日/阪神・芝1600m)に向けて体を戻すことができれば、もう少しやれていいと思います。もしそこで、プラス20kgぐらいで出てきて人気を落とすようなら、むしろ全力で買いたいです」

市丸氏
「1、2着馬ほどではないにせよ、ビーチサンバも阪神JFでは4角外から追い込んできました。フサイチエアデールの子は近年活躍馬が出ていませんが、全兄に朝日杯FSを勝っているフサイチリシャールがいる血統。マイル前後ではかなり楽しめる存在ではないでしょうか」 前回から大きくランキングが変わったように、ひと筋縄ではいかない雰囲気が漂う今年の3歳牝馬戦線。クラシック本番を迎える前に、もうひと波乱あるかもしれない。有力各馬の動向や今後の主要レースを、注意深くチェックしていく必要がありそうだ。