(c)MBS

写真拡大 (全6枚)

 兵庫県芦屋市に本店を構える「アンリ・シャルパンティエ」は全国で80店舗以上も展開する人気洋菓子店。関西では大事な人へのプレゼントや“お持たせ”などにこの店の焼き菓子を贈ることが多い。そこで、情報番組「ちちんぷいぷい」の火曜日に放送されている企画「とっておきスイーツ」で、「とろ〜り!はちみつレモンのチーズケーキ」と題し、この店が提供する人気のレアチーズケーキを取り上げた。モデルや歌手・女優で活躍する三戸なつめが「アンリ・シャルパンティエ」の酒蔵通り店を訪れた。寒い冬にピッタリの「はちみつレモンのチーズケーキ」とは?

「ギネス世界記録」フィナンシェ

 酒蔵通り店は、兵庫県の阪神電鉄「西宮駅」から南へ歩いて10分のところにある。店内からガラス越しにお菓子づくりの工程を見ることができ、カフェスペースも併設している。「アンリ・シャルパンティエ」の焼き菓子は、甘い物好きの人なら1度は食べたことがあるアーモンドと醗酵バターの香りがたまらない「フィナンシェ」が人気の商品。なんと、年間販売個数(25,019,449個)で4年連続「ギネス世界記録」に認定されているという。SNSなどでは「フィナンシェといえばアンリ・シャルパンティエ」と言われているので、ギネス認定もうなずける。

三戸「めちゃめちゃ可愛い」

 三戸が取材する「はちみつレモンのチーズケーキ」は、まずは「食感とろ〜り」のジュレ作りから。はちみつ+レモンジュース+オレンジジュースを火にかけ、型に流す。オレンジジュースを入れることで、より"はちみつ色"が鮮やかになるという。次に、クッキーを焼いてメインのチーズムース作りは、クリームチーズとマスカルポーネチーズと砂糖を加える。そして、ホワイトチョコレートにゼラチン。最後に生クリームを混ぜ合わせて丸い型に入れる。

 このケーキについてパティシエの山本さんは、「はちみつレモンとチーズケーキを合わせることで、小さいお子様からお年を召した方まで、幅広い年齢の方に食べて頂けるのではないかなぁと思って考案しました」と思いを語る。そして、「蜂蜜レモンのレアチーズケーキ」(594円、税込み)の出来上がりを見た三戸は「めちゃめちゃ可愛い!めちゃめちゃ可愛い!」と連呼。形が"コロン"として愛らしい。

 今回、三戸が気になっていた「とろ〜りはちみつレモンのジュレ」は、"突起"のついた型に入れて冷やし固めたチーズムースを型から取り出すと、"突起"部分がくぼみとなりそこに流し込んでいた。試食した三戸は「レモンがめちゃめちゃきいてますね!はちみつの甘さが丁度いい。ジュレがとろ〜としてて口当たりが優しい」と感想を。また、くぼみに流し込んだ「はちみつのジュレ」については「可愛くて、写真撮るのが楽しかった!」と話していた。

「とっておきスイーツ」は、情報番組「ちちんぷいぷい」(毎週月〜金 ひる1時55分放送)で毎週火曜日に放送している人気企画。三戸なつめ&近藤夏子が、スマホなどで思わず撮っておきたくなるような、"とっておきのスイーツ"を紹介している。
ちちんぷいぷい「とっておきスイーツ」