©テレビ朝日

写真拡大 (全2枚)

番組に届いた視聴者からの「耳に入れたい話」を肴に、マツコ・デラックスと有吉弘行が独自の視点で話していくトークバラエティー『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)。

2月6日(水)の放送では、「赤色の外車に乗っているだけであおられる」という投稿が寄せられる。

©テレビ朝日

このメールにマツコと有吉は「それはいったいどこの地域の話なの!?」と驚くが、これを機に昨今問題になっている“あおり運転”について考えてみることに…。ふたりは過去のあおられ体験を明かす。

また「自信家と謙遜家、どちらが信用できるか」という投稿につても議論。学生時代には自信家だったという投稿者が上司からの指摘により、謙遜をするようになったところ、他の上司から謙遜しすぎは信用できない、と言われたそう。

「どちらが愛せるか」という質問にマツコと有吉は「あまり謙遜しすぎるのは、たしかに気分悪いかも…」と回答。アナウンサーという職業柄、謙遜しすぎてしまう場面も多いという久保田アナは、その苦悩をふたりに吐露する。

そして“ネットの声を気にしすぎる”という話題になると、マツコはエゴサーチをする人たちについて言及。「エゴサーチする人ってある意味強靭な精神よね」というマツコは「(エゴサーチは)絶対できないもん。やったことない」「なんで自分から進んで悪口を見に行かないといけないの!」とネットの意見とあえて距離をおいていることを明かす。

一方、エゴサーチを行うという久保田直子アナウンサーはネットで自分へのコメントを検索する際、彼女より有名な“久保田”が出てくるエピソードを披露する。マツコ&有吉が驚いた、久保田アナより先に表示される意外な“久保田”とは一体…?!