香取慎吾が1年ぶりに地上波テレビにお目見え。しかも、その登場の仕方がユニーク。生放送ということもあって「みなさんこんばんは。香取慎吾です。2月2日、土曜日。現在、ここ汐留の天候は晴れ。気温のほうは9度......」と、昨年同様「SmaSTATION」(テレビ朝日系)風のオープニングで、懐かしさを感じた視聴者も多かったはず。局を超えた粋なコラボは、1年ぶりのファンサービスのように感じた。
1年ぶりとは言っても、「数字選択式宝くじロト&ナンバーズ」や「ファミリーマート」「ミノキ5」など多数のCMに出演しているので、ご無沙汰感はないが、出演者たちとのやりとりやフリートークが見られるのは嬉しい。欽ちゃんとのコンビネーションもばっちり。
肝心の仮装のほうは、いつもながらの究極のマンネリズムではあるが、「サラリーマン川柳」同様、年に1回の素人参加型風物詩と思えば、それなりに楽しく見られる。何よりもあの香取慎吾が地上波テレビに出ているという珍しさも手伝い、じっくり見てしまった。
香取の司会ぶりをあらためて見ると、低い点数をとった人には優しくフォローするなど、素人の出演者たちとのやりとりに愛を感じる。誰かを落としめたり、攻撃したりすることで笑いをとる番組が多いが、こういう優しさと愛にあふれたゆる〜い番組こそ、今の時代には必要なのではないか。香取は間違いなく欽ちゃんイズムの正統派継承者。オトナの事情はともかく、もっと活躍して貰いたい。
(放送2019年2月2日19時〜)

(白蘭)