アジア杯決勝に挑んだ日本代表。この試合では初めて、スタメン11人全員が海外クラブ所属ということになった【写真:田中伸弥】

写真拡大 (全2枚)

吉田麻也が語った敗戦の原因

 日本代表はAFCアジアカップ2019の決勝でカタール代表に敗れて準優勝に終わった。今大会を現地で取材した英国人記者は、この決勝での敗因をポジティブに捉えた。その理由とは?(取材・文:ショーン・キャロル【UAE】)

----------

 アジアカップは最終的に日本にとって残念な結果に終わったが、大会全体を通して見ればネガティブな面よりもポジティブな面が大きかったと言える。森保一監督のチームは次回のワールドカップサイクルに向け、サムライブルーの若返りのプロセスをスタートさせることに成功している。

 2月1日にアブダビで行われたカタールとの決勝では立ち上がりのまずさから前半で2-0のリードをプレゼントし、状況はあまりにも厳しくなってしまったが、後半に反撃に転じた戦いぶりは今後への期待を大きく高めるものだった。最終的にはVARにより与えられたPKで勢いを抑えられてしまい、3-1の勝利を収めたカタールがアジア王者に戴冠した。

 チームの周辺では「若い」「経験不足」といった表現が用いられ続けていたが、実際のところ、1ヶ月間にわたってチームを近くで追い続けていると、選手たちからは本格的な成熟ぶりや自信がにじみ出るようになっていた。吉田麻也も試合後に認めていたように、最多記録となる5回目の大陸制覇を逃した原因は、自信不足よりもむしろ過剰な自信にあったのかもしれない。

「ゲームの入りが良くなかったということと、何よりもそれが起こるんじゃないかなっていう気が自分自身してて。イランとの試合で非常に良いパフォーマンスを出せて、そのあとカタールとUAEの試合を見て、いけるんじゃないかという心の油断があるんじゃないかなっていうのをチーム全体に感じていたので、そこでチームを律することができなかった自分のキャプテンとしての未熟さというか不甲斐なさを非常に悔いています」と吉田はAFCのインタビューに語っている。

 過去に日本の足枷となっていたのは、自信過剰ではなく自信の欠如だった。チームが隙を突かれてしまい、スタートから急襲をかけたカタールにアルモエズ・アリとアブドゥラジズ・ハテムの2つのスーパーゴールで主導権を握られてしまったのはもちろん残念ではあったが、選手たちはこの経験から得るものがあったはずだ。今後はこういった形で油断に付け込まれてしまうことがなくなると願いたい。

これまでとは異なる選手たちのメンタル

 タイトルを勝ち取ることができていれば、この世代のさらなる栄光に向けた飛躍の大きなきっかけとなっていた可能性は高いだろう。だが大舞台での敗戦もまたモチベーションとなり得るものだ。成功を味わうことへの強い意欲を持っている選手たちに対してはなおさらであり、このチームはそういった意欲に溢れている。

「日の丸を背負って戦わせてもらっているのはすごく光栄なことだと思いますし、その緊張感を楽しまないと損だと僕は思っているので。この緊張感の中で自分がどれだけできるかっていうのを試しながら、楽しみながらプレーしたいと思います」と、まだ20歳の堂安律はドバイで行われた準々決勝のベトナム戦の前に話していた。

 大会が終盤を迎えるにつれて、チーム全体にこのような意欲が強く感じられるようになってきた。原口元気も同様に、最大の舞台を満喫したいという思いを強調していた。

「プレッシャーはある方がいいと思っていますし、そのプレッシャーを楽しむメンタリティであったり経験というのを僕は持っているので。どんどんプレッシャーはかかってほしいし、そのプレッシャーを楽しみながらプレーしたいと思います」

 南野拓実も、ピッチ上で不安感とは無縁な様子を見せていた選手の一人だった。レッドブル・ザルツブルク所属のFWは決勝に至るまでの戦いでゴールネットを揺らすことができていなかったにもかかわらず、決して頭を下げることはなく、決勝では日本のゴールを非常に落ち着いて決めてみせた。

 イランを3-0で粉砕した準決勝でも大迫勇也の先制点をアシストしていた24歳は、自分の国を代表して戦う責任の重みを恐れるよりも楽しんでいると言い切っていた。

「僕はヨーロッパでプレーしていて、たくさんのビッグゲームをこれまでプレーしてきてますし。日本のために戦うというのは子供の頃からの夢で、そこに対しての怖さっていうのは全くなくて。試合前には楽しみと、やってやるぞっていう気持ちで、そういうモチベーションでした」と南野は語る。

先発11人が海外組。若くして海を渡る意義

「若く」て「経験不足」なチームがなぜ大会前の懐疑的な見方を覆し、決勝まで勝ち進むことができたのか。その理由はまさにここからはっきりと読み取れる。

 カタール戦に先発した10人のフィールドプレーヤーのうち9人が欧州のクラブでプレーしており、残りの一人である塩谷司はUAEのクラブに所属。塩谷は負傷した遠藤航の穴埋めとしての出場だったが、その遠藤もベルギーでプレーする選手だ。

 世界最高レベルのリーグでの戦いを経験する日本人選手は増えていく一方であり、そういった選手の年齢もどんどん若くなっている。

 外へ出ることは彼らが選手として成長する助けになるだけではなく、より大人数の、より威圧感を感じさせるような観客の前でプレーすることに慣れ、海外の相手と戦う時に劣等感を持たずに済むようにもなる。同時にピッチ外での成長にも繋がり、人間として成熟することで、強いプレッシャーがかかる状況に対処する準備もより整えることができる。

 19歳で欧州へ移籍したことが自身にどう影響したかと堂安に尋ねると、「あらゆる面でゼロからスタートしなければいけませんでした」と彼は答えた。

「人間としても選手としても本当に自分が変わったと思います。もちろん難しい時期もありましたが、だからこそ今ここにいられるんだと思います」

 カタール戦の敗戦も、堂安とチームメートたちにとって、そういった困難のひとつとなった。だが、今後も数ヶ月や数年かけてチームとしての成長を続けていくであろう彼らが、この先に手に入れた勝利への後押しになったきっかけとして今回の敗戦を挙げることがあったとしても全く驚くにはあたらないだろう。

(取材・文:ショーン・キャロル【UAE】)

text by ショーン・キャロル