Xperia、決算で苦境鮮明に 技術・ブランドを再度点検すべきと指摘

ざっくり言うと

  • ソニーが発表した2018年度第3Q決算で、スマホ事業の不振が明確になった
  • Xperiaの売上高は前年同期比37%減、営業損失は155億円のマイナスに
  • 市場の流れに乗れておらず、技術やブランドを再点検すべきと筆者は指摘した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング