ミケル・エチャリのウズベキスタン戦レポートを読む>>

「多くの犠牲を払い、力を尽くし、もぎ取った勝利と言えるだろう。チームとして規律正しくプレーし続け、守備のバランスを失わなかった。集中力が切れず、その点は称賛に値する」

 スペイン人指導者、ミケル・エチャリ(72歳)は、アジアカップ、ラウンド16でサウジアラビアとの激戦を1-0で制した日本について、こう振り返っている。

 エチャリは、「バスクフットボールの父」と言われている。レアル・ソシエダで20年間、さまざまな役職に就いただけでなく、アラベスでは強化部長を務め、エイバルでは2シーズン監督として指揮を執っている。そしてフアン・マヌエル(ファンマ)・リージョ(ヴィッセル神戸)、ウナイ・エメリ(アーセナル)、ガイスカ・ガリターノ(アスレティック・ビルバオ)ら、多くの指導者に影響を与えている。

 そのエチャリは、”守り切って”勝ったサウジ戦をどのように評価したのだろうか?


サウジアラビア戦で先制ゴールを決めた冨安健洋

「日本は4-2-3-1を採用。もっとも、守備のときには4-4-2になる。受け身に回ったことで、後者の時間帯が必然的に増えた。

 一方のサウジアラビアは4-3-3だが、プレーヤーのキャラクターを考えると、4-1-4-1とするべきだったかもしれない。パスコンビネーションに優れ、練度も高く、ポゼッション力で日本を完全に上回った。ボール保持率は75%以上で、”サウジが攻め、日本が守る”という形で終始した。もっとも、彼らの枠内シュートはたった1本、日本は2本で、その差が最後に出るのだが……。

 どちらのチームも、GKが基本的につながず、ロングキックを蹴っていた。リスクを避け、プレッシングを回避。結果として、センターバックとセンターフォワードの争いになったが、ここで大きな差は出ていない。

 しかし、日本がラインを下げ、ブロックを作って守る形を選択したことで、必然的にこぼれ球を拾われてしまい、守勢に回った。ただし、自ら選んだ戦い方だけに、焦りは見えない。10人のフィールドプレーヤーが常にお互いをカバーするポジションを取って、ボールホルダーに対しては整然とプレスをかけている。パスの受け手の背後を常にとって、自由にさせなかった。

 集中的なリトリート戦術は功を奏していた。

 課題を挙げるなら、分厚い守備から相手の攻撃をカットし、カウンターに入るところで、フィニッシュまで行く機会が乏しかった点だろう。カウンターの精度を高める必要がある。もっとも、日本がCKから決めた得点は、カウンター攻撃がゴールラインを出たところからつながっているのだが……」

 エチャリはそう言って、前半20分の冨安健洋(シント・トロイデン)の先制点を冷静に分析している。

「左サイドで原口元気(ハノーファー)がボールを収め、折り返したクロスがディフェンスに当たって、ラインを割った。すでにこれまで書いてきたように、柴崎岳(ヘタフェ)が蹴るボールの質は高い。必然的にチャンスにつながった。

 ゴール前では、吉田麻也(サウサンプトン)、冨安の2人がディフェンスを攪乱する動きを見せている。冨安は軽く前に出る動きを見せてから、狡猾にマーカーの背後を取った。準備の面で先手を取っていたと言えるだろう。

 セットプレーからの得点だったが、チームとしての意図が見えた。連係も技術の高さも出た先制点だった。

 その後、リードした日本はさらに守る時間が増えた。前半は、何度かカウンターからクロスを折り返すが、タイミングが合わない。吉田が決定的なプレーをブロックするなど、ディフェンスの健闘が目立った。

 後半が始まってまもなく、南野拓実(ザルツブルク)がエリア内でボールをコントロールするシーンがあったが、ハンドと判定された。個人的には肩でのトラップに見え、不運だった。その後の日本の攻撃は単発。攻撃のスピードが上がらない。次第にファウルの回数も増え、明らかに動きが落ちる。サウジは8人もの選手が日本陣内に入って、攻守のバランスを崩していただけに、その息の根を止めるような逆襲を仕掛けたかったが、できなかった」

 エチャリはカウンターの精度に改善点を示したものの、守備の集中力には及第点をつけた。

「ラストプレーで、GK権田修一(ポルティモネンセ)がいい判断で出て、決定機を防いでいる。守備は全体的にとても集中していた。また、終盤に柴崎のFKに遠藤航(シント・トロイデン)が合わせるなど、セットプレーは最後まで脅威だった」

 最後に、エチャリは次の試合に向けたメッセージを送っている。

「サウジアラビア戦の日本の選手たちは、やるべきことを心得ていた。粘り強く、責務をやり遂げた、と言えるだろう。あとは堅い守備をカウンターでゴールにつなげる、もしくは少なくともチャンスに結びつけることだろう」
(つづく)