カタールリーグのアルドゥハイルに移籍した中島翔哉

写真拡大

 カタールリーグのアルドゥハイルに完全移籍したMF中島翔哉(24)が公式ブログ(https://ameblo.jp/shoyanakajima/)を更新し、長文で想いを綴った。

 移籍は3日に正式発表されたが、以前から憶測を交えた様々な報道がされてきた。最も有力とされているのは、パリSGがファイナンシャル・フェアプレー(FFP)を回避するために、同じカタール王室が所有するアルドゥハイルへの移籍が実現したと報じられている。

 また、24歳と充実期を迎えるこのタイミングで中東クラブに渡るリスクもささやかれるが、中島自身にもそんな周囲の声が聞こえているという。ただ「僕個人の考えや決断が全員に理解されることはないと思いますし、同意してほしいわけでもありません」とすると、「今回カタールのアル・ドゥハイルへ移籍することはポルティモネンセや代理人が決めたことではなく、自分の意思で決めました」と強調している。

 そして移籍に際して最も重要視していることについても、「お金や名声、リーグのレベルやチームの知名度ではなく、一般的な知名度やレベルを一度忘れて、自分の目で見て、自分の中でそのチームの強さを決め、自分のプレースタイルに合っているかどうかを見極めること」と、こちらも強調。

「強いチームやとても有名なチームであってもその時の自分に合っていなければ意味がないですし、チームやリーグのステップアップが必ずしも自分にとってのステップアップになるわけではないと思っているからです」と明確な理由を述べて、意思の固さを示した。

 また今回の移籍を決めるまでにカタールを2度訪れて監督の考えや、カタールサッカーの雰囲気に触れたという。そこで感じたのは「とても楽しそうだ」ということ。家族も不安なく暮らせるという確信も持てたという。

「もしかしたら甘いと言われるかもしれないですが、僕はこれから先ずっとあくまでもサッカーは楽しいスポーツとしてやっていきたいと思っていますし、何よりも大切な家族と共に楽しい環境にいることが、自分の目指してるサッカーをすることに繋がると思います。自分の意思で決めたことに対して後悔はしません」