根拠のない噂が子宮頸がんワクチン接種の妨げに 研究機関が声明発表

ざっくり言うと

  • 子宮頸がんワクチンには、多発性硬化症などの副作用の可能性が囁かれている
  • WHO直轄の研究所は、根拠のない噂が接種の妨げとなっているとの声明を発表
  • ワクチンについて「有効性と安全性をはっきりと確認している」と訴えた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング