(C)K.Aoyama

写真拡大 (全2枚)

3日、東京競馬場で行われた9R・ゆりかもめ賞(3歳500万下・芝2400m)で1番人気、C.ルメール騎乗、サトノジェネシス(牡3・美浦・堀宣行)が快勝した。3馬身差の2着に2番人気のキタサンバルカン(牡3・美浦・奥村武)、3着にサンアップルトン(牡3・美浦・中野栄治)が入った。勝ちタイムは2:25.9(良)。

【東京6R/新馬戦】武豊 キスラーが直線一気の差し切り!

超良血馬が早くも2勝目

(C)K.Aoyama

兄に菊花賞、有馬記念などを制したサトノダイヤモンドを持つ超良血馬、サトノジェネシスが府中の2400で躍動した。レースでもセンス抜群の走りで、中団から徐々に前へ前へと道中ポジションを上げていき、勝負どころでは3、4番手の好位をキープ。抜群の手応えで直線へ向くと、ラストは一方的に後続を突き放す完勝だった。

サトノジェネシス 3戦2勝
(牡3・美浦・堀宣行)
父:ディープインパクト
母:マルペンサ
母父:Orpen
馬主:サトミホースカンパニー
生産者:ノーザンファーム