(C)スポニチ

写真拡大

3日、京都競馬場で行われた11R・きさらぎ賞(G3・3歳オープン・芝1800m)で3番人気、川田将雅騎乗、ダノンチェイサー(牡3・栗東・池江泰寿)が快勝した。2馬身差の2着にタガノディアマンテ(牡3・栗東・鮫島一歩)、3着にランスオブプラーナ(牡3・栗東・本田優)が入った。勝ちタイムは1:49.0(良)。

1番人気でM.デムーロ騎乗、ヴァンドギャルド(牡3・栗東・藤原英昭)は4着、2番人気で戸崎圭太騎乗、アガラス(牡3・美浦・古賀慎明)は7着敗退。

【東京3R】武豊ロジシルキーがロスなく立ち回って抜け出す!

ディープインパクト産駒 ダノンチェイサー

2017年のセレクトセールで2億7000万の価格がついたダノンチェイサーが早くも3勝目、重賞初制覇を飾った。レースではスムーズにやや離れた番手の位置をキープ。ゴール前も楽に抜け出し、川田騎手とのコンタクトもバッチリで、ラストまでなんの不利もなく終始スムーズな競馬だった。

ダノンチェイサー 5戦3勝
(牡3・栗東・池江泰寿)
父:ディープインパクト
母:サミター
母父:Rock of Gibraltar
馬主:ダノックス
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 ダノンチェイサー
2着 タガノディアマンテ
3着 ランスオブプラーナ
4着 ヴァンドギャルド
5着 メイショウテンゲン
6着 コパノマーティン
7着 アガラス
8着 エングレーバー

※主催者発表のものと照らし合わせください