「キャデラックが電気自動車を考えると、デザインはこうなる」の写真・リンク付きの記事はこちら

デトロイト市街を一望できるゼネラルモーターズ(GM)の役員室では、きっとこんな会話が交わされたに違いない。ウォルナット材の高級な会議用テーブルの周りを、高価な革張りの椅子にゆったりと腰かけた幹部らが囲むなか、ひとりがこう切り出すのだ。

「米国人は、どんなクルマをほしがっているんだろうね」

「それはSUVだよ」と、ほかの幹部らが声を揃える。

「確かに。でも、われわれは電気自動車(EV)をもっと増やさねばなりません」

「それなら、電気SUVをつくることにしよう!」

こうしたやりとりは、おそらくアウディ、BMW、ジャガー、メルセデス・ベンツなどでも交わされたに違いない。どの企業も電気SUVを開発すると表明したり、すでに公道で走らせたりしている。

いかにもキャデラックらしいデザイン

そういうわけで、GMの高級ブランド「キャデラック」部門の社長であるスティーヴ・カーライルは、デトロイトで1月27日まで開催された北米国際自動車ショーで、電気SUVの開発に取り組むことを明らかにした。しかも、コンセプトモデルのイメージ画像をいくつか公開したのだ。

ただし、モデル名や技術仕様、価格といった重要な情報は、後日明らかにするという。

公開された画像に描かれていたのは、キャデラックの伝統である角ばっていて垂直を多用したデザインを踏襲した、魅力的なクルマだ。台形の巨大なフロントグリルの真ん中には、光り輝くエンブレムが配置されている。ヘッドライトは薄い水平のスリットが入ったデザインで、デイライトは垂直で細長い。

一方、バッテリーやパワートレインについては、「BEV3(バッテリー・エレクトリック・ヴィークル3)」と呼ばれる新しいアーキテクチャーが採用されること以外、具体的な説明はなかった。BEV3は、前輪駆動や後輪駆動のさまざまなクルマを開発するための未来のプラットフォームだという。「最終的には、このアーキテクチャーからさまざまなスタイルのクルマを生み出せるようになります」と、プレスリリースには書かれている。

見えてきたクルマの未来

ただし、この電動SUVに乗れるようになるのは、早くても数年後と考えたほうがよさそうだ。キャデラックには、はるかに大きなエネルギーを注いでいるクルマがある。「2020 XT6」と呼ばれる、昔ながらの巨大なガソリン車だ。

それでも今回の発表から、キャデラックなどの自動車メーカーが考えるクルマの未来を垣間見ることができる。2017年10月、GMはすべてのクルマが電気自動車(EV)になる未来へ向けて進んでいくと宣言した[日本語版記事]。そして今回、そうした時代の変化をキャデラックがリードしていくと発表したのだ。

かつてその役割を担っていたブランドは、シボレーだった。「ボルトEV(Bolt EV)」や「ヴォルト(Volt)」は、電気で動くクルマの魅力を人々にアピールするために開発された。しかしGMは、プラグインハイブリッド車のヴォルトを始め、乗用車モデルの生産を終了し始めている。

走行距離が200マイル(約320km)を超えるフルEVのボルトは、イーロン・マスク率いるテスラのEV「モデル3」より前に発売された。しかし、そのわりには人々から歓迎されておらず、販売もふるっていない。

EVを巡る試行錯誤の歴史

驚くべきことに、今回発表されたコンセプトモデルは、キャデラックにとっては初の完全なEVとなる。

GMがEVの開発に乗り出したのは、「エレクトロヴェア(Electrovair)」を発表した1960年代のことだ。その後の77年に「エレクトロヴェッテ(Electrovette)」を発表すると、90年代には「EV1」で一躍脚光を浴びた。

EV1は大手自動車メーカーが初めて発売した、大量生産可能な近代的EVだった。だが、よく知られているように、GMはリース販売していたすべてのEV1を2003年末に回収し、廃車にしてしまった。

それでも、ヴォルトとボルトを発売したことで、GMは10年あまりの時間をかけて、EV好きの顧客を取り戻すことに成功した。ただし、「ブランドを象徴する」クルマとも言えるヴォルトとボルトは、顧客の信頼を獲得するのには役に立ったものの、利益にはそれほど貢献しなかったようだ。

高級EVへの参入が意味すること

高級EVの市場を目指すことは、理にかなった動きだ。EVの生産コストが下がり続けているとはいえ、内燃機関からEVへのシフトを実現するには、将来の利益を期待するだけではなく、すぐに十分な利益を得られるEVを販売することが、長い目で見れば欠かせない。

テスラが示したように、富裕層の顧客は、環境に優しくスポーティーで、高度な技術を搭載したクルマに高いお金を払う用意がある。したがって、以前から人気の高いSUV風のスタイルにすれば、売れるのは間違いないとGMは考えており、ほかの多くのメーカーもそう期待している。

すでにジャガーは、「I-PACE」という名のクロスオーヴァー車をリリースした。アウディのSUV「e-tron」や、メルセデス・ベンツの「EQC」も、まもなく市場に登場する予定だ。

さらに、キャデラックにとって有利なことがある。それは同ブランドの人気が極めて高い重要な市場である中国で、当局がEVの普及を推進していることだ。

キャデラックが、ざっくりとしたコンセプトモデルのイラストを、未来のイメージにどうやってつくり変えていくのか。しばらく見守っていきたい。