2019年クラシック候補たち
第1回:アドマイヤマーズ

 その年を代表する馬たちに送られる『JRA賞』。さまざまな部門が設けられているなかで、昨年の最優秀2歳牡馬を受賞したのは、友道康夫厩舎(栗東トレセン)に所属するアドマイヤマーズ(牡3歳/父ダイワメジャー)だった。

 同馬は、昨年末のGI朝日杯フューチュリティS(12月16日/阪神・芝1600m)を制覇。デビューから無傷の4連勝という快挙を遂げての戴冠だった。まさに非の打ち所がない成績で、今春のクラシックにおける有力候補の1頭だ。


昨年のJRA賞で最優秀2歳牡馬に選出されたアドマイヤマーズ

 デビューしたのは、昨年6月の2歳新馬(6月30日/中京・芝1600m)。実はこのレースが、これまでの4戦の中で最も際どいレースだった。2着ケイデンスコールに、ハナ差で競り勝っての白星だった。

 とはいえ、そのケイデンスコールも、のちにGIII新潟2歳S(8月26日/新潟・芝1600m)を勝利。それだけハイレベルなデビュー戦だった、ということだろう。

 アドマイヤマーズはその後、オープン特別の中京2歳S(7月21日/中京・芝1600m)、GIIデイリー杯2歳S(11月10日/京都・芝1600m)を勝って、3連勝を飾った。それぞれ、後続との着差は3馬身差、4分の3馬身差と開きはあるものの、いずれも危なげない勝利だった。

 そして、迎えた朝日杯FS。新馬、重賞と圧勝してきた話題の牝馬グランアレグリアに1番人気は譲ったものの、レースでは勝ち星でひとつ上回る実績と、牡馬としての意地を存分に見せつけた。

 道中、2番手につけたグランアレグリアの直後にポジションを取り、直線入口を迎えると一気にスパート。グランアレグリアに対して、まるで威嚇するような形で外に併せると、そのまま先頭に立ってグランアレグリアを振り切った。さらに後続の追撃も難なく抑え、2馬身差の完勝劇を披露して4連勝を決めた。

 ここまでのアドマイヤマーズのレースぶりから、何より際立っているのは”勝負強さ”だ。その能力の根源はどこにあるのだろうか。関西競馬専門紙のトラックマンはこう分析する。

「アドマイヤマーズの最大の武器は、『とにかく抜かせない』という気持ち、闘争心ですよね。この点については、主戦ジョッキーを務めるミルコ・デムーロ騎手や厩舎のスタッフが皆、口をそろえて称えています。4戦の中には接戦もありましたが、おそらくどこまでいっても抜かせなかったでしょう」

 同馬は、年明けの始動戦をGIII共同通信杯(2月10日/東京・芝1800m)に設定。そこから、クラシック第1弾のGI皐月賞(4月14日/中山・芝2000m)に臨む予定となっている。

 このローテーションを陣営が選んだ意図について、戦術のトラックマンはこう説明する。

「4戦ともマイル(1600m)戦だったので、1800mから2000mへと徐々に距離を延ばしたかったそうです。とにかく、闘争心が強いので、距離を延ばすうえでは、テンションを上げないことも重要。その点でも、このローテーションがよかったようですね。

 なお、距離適性を考えて、皐月賞のあとはGI日本ダービー(5月26日/東京・芝2400m)だけでなく、GI NHKマイルC(5月5日/東京・芝1600m)も視野に入れているみたいですよ」

 まずは共同通信杯に向けて、入念な調整を重ねているアドマイヤマーズ。春の大一番に向けて、希望が膨らむレースを見せたいところだ。 まして、同世代にはもうひとつの2歳GIホープフルS(12月28日/中山・芝2000m)を3連勝で制したサートゥルナーリアがいる。そのライバルと無敗で顔を合わせるためにも、ここは負けられない一戦となる。