【今週の予想】

☆京都11R きさらぎ賞(GIII)(芝1800m)

 今年は第1回京都開催から時計がかかっており、上がりも要している。先週日曜日の京都にしても、芝のレースが5鞍組まれていたが、33秒台の上がりを使ったのはシルクロードSの2,3着馬の2頭のみと、切れよりもパワーがいる馬場になっている。ならば、切れよりもパワーのある馬を本命に推したい。本命にはエングレーバーを推す。デビューから2連勝を飾っている本馬、2戦ともにメンバー中1位、2位の上がりを使っているが、34秒9、34秒8とそれぞれ上がりのかかる馬場でのもの。馬体を見ても筋肉量が豊富で、如何にもパワーがありそうな体つき。学習能力が高く、レースセンスがあり、一度使われて状態はさらに上がっており、ここでも十分勝負になる。

◎(2)エングレーバー
○(7)アガラス
▲(4)ダノンチェイサー
△(3)ヴァンドギャルド

買い目
【馬単】6点
(2)⇔(3)(4)(7)
【3連複2頭軸流し】2点
(2)(7)-(3)(4)
【3連単2頭軸マルチ】12点
(2)(7)⇔(3)(4)

☆東京11R 東京新聞杯(GIII)(芝1600m)

 3連勝で重賞制覇だ!インディチャンプ。1000万下→1600万下と連勝して挑むインディチャンプだが、前走の元町Sは圧巻の走り。直線入り口では後方2,3番手の位置取りであったが、そこから軽く促しただけで加速していき、残り250mあたりから軽く追っただけであっという間に先頭に立つと、後は流して2着に0秒5差を付ける圧勝劇。上がりは33秒2と最速で、それも軽く追って最後は流してのものだから恐れ入る。昨年の毎日杯では、後の有馬記念を勝つブラストワンピースに0秒3差の3着。後に中日新聞杯を勝つ2着のギベオンとはタイム差なしの接戦を演じた。それも直線進路がなく、追えたのは残り200mあたりからで、その着差だから本馬の力も相当なもの。まだキャリア7戦ということもあるが、ステイゴールド産駒ということもあり、かなりの伸びしろが見込め、好メンバーが揃った今回だが、それでも見劣らないだけの力を持っており、ここで重賞初制覇となってもおかしくない。相手本線はロジクライ。前走のマイルCSは14着と着順だけ見れば大敗しているが、勝ち馬とは0秒6差とそれほどなく、悲観する内容ではない。今回は富士S勝ちを含む2戦2勝とベストの舞台で、巻き返す可能性は十分。まとめて負かすならサトノアレス。以下、ジャンダルム、レッドオルガ、レイエンダまで。

◎(2)インディチャンプ
○(10)ロジクライ
▲(1)サトノアレス
△(11)ジャンダルム
△(6)レッドオルガ
△(15)レイエンダ

買い目
【馬単】6点
(2)→(1)(6)(10)(11)
(1)(10)→(2)
【3連複1頭軸流し】10点
(2)-(1)(6)(10)(11)(15)
【3連単フォーメーション】20点
(2)→(1)(10)(11)→(1)(6)(10)(11)(15)
(1)(10)→(2)→(1)(6)(10)(11)(15)

※出走表などのデータは、必ず公式発表のものと照合し確認して下さい。<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。学生時代大井競馬場で開催された大学対抗予想大会の優勝メンバーの一員。大学卒業後北海道へ渡る。浦河にある生産牧場を経て、在京スポーツ紙に入社。牧童経験を活かし、数々の万馬券を的中する。中にはパドックで推奨した4頭で決まり、3連単100万越えあり。