武田玲奈がインタビューに応じた/撮影=島本絵梨佳

写真拡大

日本初の“選択式”本格ラブストーリーYouTubeドラマ「セレクト女子〜優柔不断な私にドロップキック〜」が2月1日から配信開始した。

【写真を見る】ソファーに横たわる武田玲奈もキュート!/撮影=島本絵梨佳

大学の同級生に片思いしている平凡な女子大学生の恋愛物語が展開される。

さまざまな場面でヒロインが葛藤する中、自分の選択次第でストーリーが変わっていく点が楽しい恋愛シミュレーションドラマ。

主人公の優奈を演じる武田玲奈に、作品の見どころや役への思い、撮影で苦労したことなどを語ってもらった。

また、自身の“優柔不断エピソード”では、意外な素顔が垣間見えた…?

――今作は、視聴者の選択によって結末が変わるという点が面白いですね。

自分でストーリーを選択できるドラマというのは聞いたことがなかったので、最初に企画の内容を知った時はびっくりしました。まるで、ゲームみたいですよね。ぜひ、やってみたいなと思いました。

――物語のパターンも豊富!

この作品の特徴は、見ている人の選択次第で全然違うストーリーになるところ。何通りもあるので、全制覇する勢いで見てほしいです。

――今回演じた優奈は、どんな女の子ですか?

優柔不断で、どちらかというとネガティブシンキングな女の子。自分の頭の中で“喜び”や“悲しみ”などの喜怒哀楽が女子プロレスラーになって闘っちゃうような感情の起伏が激しいところがあります。

――優奈の脳内で展開される“感情たち”のプロレスシーンも見どころの一つ。

優奈の気持ちとリンクしていて面白いです。プロレスは見たことがなかったんですけど、皆さんいろんな技を持っていてすごいですよね。でも、マットにたたきつけられたりして痛そうでした。

――演じる時に心掛けた点は?

やっぱり、脳内のプロレスのシーンに合わせて気持ちを表現しないといけないので、監督の演出に助けていただきながら、いつもよりオーバー気味に自分の内面をさらけ出すようにしていました。

[HRAD]自分は正反対なタイプ

――優奈は表情が豊かなキャラクター。

喜怒哀楽がはっきり分かるような表情を作るお芝居は大変でしたけど、すごく楽しかったです。

――優奈と似ているなと感じた部分はありますか?

正反対だと思いました。優奈は何を食べるかスパッと決められるタイプ。私は、今自分が何を食べたいのか決めるのは苦手なタイプです。

――メニューを選ぶのに時間がかかるんですか?

料理は自分で選択できるんですけど、今の自分はどんなものが食べたいのか、どのお店に行きたいのかを悩むタイプ。だから、お店だけ決めてほしい(笑)。友達とご飯を食べに行くときも完全にお任せです。

――洋服選びも悩むことが多いですか?

あぁ、確かになかなか決められないかもしれません(笑)。毎日、着たい服や身に着けたいアイテムが1点だけあって、それに合ったコーディネートを考えるのが大変。毎朝、ギリギリまで悩んでいます。

――ドラマの中に出てくる選択には、LINEの返事や洋服に染みが付いちゃった時にどうするかなど、いろんなシチュエーションが登場しますね。

好きな人に会うとなったら、ちゃんとした服を着て行きたいですから、染みが付いていたら着替えたいですよね。LINEも、片思いの人から来た場合にすぐ返信するか、少し時間を置いた方がいいのか悩んだりするのは“女の子あるある”。

きっと、見ている人たちにも共感してもらえると思います。

――2019年も年頭から、TBS×Paraviスペシャルドラマ「新しい王様」やドラマ10「トクサツガガガ」(NHK総合)に出演するなど、忙しい日々を送っていると思いますが、気分転換にやっていることはありますか?

ネット配信の海外ドラマをよく見ています。少年少女が葛藤する学園っぽいものが好きですね。あとは、マッサージや溶岩浴に行ったりして、体に良いことをしています。

■ 運動をしたい!

――アニメ好きの武田さんが、今ハマっている作品は?

ちょっと昔の作品なんですけど「宇宙(そら)よりも遠い場所」です。

――何か見るきっかけがあったんですか?

劇中に出てくる「しらせ」は、ドラマ「マジで航海してます。」の撮影でお世話になった船という共通点があったので、アニメの存在は知っていたんですけど、たまたま最近見始めたら面白くて、すっかりハマってしまいました。

――2019年は「亥(イノシシ)年」ということで“猪突猛進”するぐらい、ハマっているものは何かありますか?

これからハマってみたいものということで、運動をしたいなと思っています。ヨガとか、体に良さそうなものに挑戦して、免疫力を上げたい! どんどん突き詰めて“健康オタク”になりたいです。

――始めたら長く続けられそうですか?

面倒くさがり屋なので、あまり自信ないですけど…。少しでも長く続けたいです!(ザテレビジョン・取材・文=月山武桜)