「ずっと泣いてるみたいな日々」安達祐実が自身の挫折を振り返る

ざっくり言うと

  • 1日の番組で、安達祐実が子役としてブレイクした後の芸能人生を振り返った
  • 人気の陰りにより、部屋で「ずっと泣いてるみたいな日々」があったと告白
  • 14、15歳くらいで味わった挫折の苦しみは、30歳近くまで続いたと振り返った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング