今春のクラシックへ向けて、注目の一戦となるGIIIきさらぎ賞(京都・芝1800m)が2月3日に行なわれる。これまでも、サトノダイヤモンドをはじめ、ワールドエース、リーチザクラウン、ネオユニヴァース、古くはナリタトップロードやスペシャルウィークなど、同レースの勝ち馬がクラシック戦線で活躍しており、”出世レース”のひとつに数えられている。

 そうした素質馬がきっちり結果を残していることもあってか、過去10年で1番人気は4勝、2着3回、着外3回と安定した成績を残している。加えて、ここ数年は10頭以下の少頭数で行なわれることが多く、今年も出馬予定はわずか8頭と、穴党の出番はないように思われる。

 とはいえ、昨年は4番人気のサトノフェイバーが、一昨年は6番人気のアメリカズカップが勝利して、好配当をもたらしている。つまり、少ない出走馬でもきちんと吟味して、その中から”穴馬”を見つけ出すことができれば、意外に”オイシイ”レースとも言えるのだ。

 ただそれには、「どの馬が人気になるかがわからないといけません。そうでなければ、逆にどの馬がオイシイのか、わかりませんからね」と指摘するのは、デイリー馬三郎の木村拓人記者。そして、ここでの狙い目についてこう語る。

「少頭数の中でも、実力差ははっきり二分されるので、突拍子もない馬は狙い難いところです。そうなると、いい配当を期待するなら、人気薄の上位入線を見込むよりは、上位人気の中でも(馬券的な)妙味のある並び順で狙ったほうがいいと思います。

 そこで、今回は重賞を使ってきた馬よりは、ここが重賞初出走となる馬のほうが人気はないと思うので、エングレーバー(牡3歳)が面白いかもしれません」



デビュー2連勝中のエングレーバー

 エングレーバーはここまで2戦2勝。底を見せておらず、人気の一角になりえるが、アガラス(牡3歳)やヴァンドギャルド(牡3歳)といった重賞好走馬よりも人気では劣る、というのが木村記者の見立てだ。事実、前走の500万下(1月5日/中山・芝2000m)でも、5番人気と伏兵扱いにとどまっていた。

「前走、(自分は)パドックの様子を見て評価していましたが、意外に人気薄でしたね。しかし、その下馬評を覆(くつがえ)して見事に勝利。今回も同様の流れが見込めます。鞍上の藤岡佑介騎手も(前走で)しっかり結果を出したことで、同馬の能力を『再認識できた』とのことでしたから。

 今の時計がかかる京都の馬場を考えても、父オルフェーヴル×母父シンボリクリスエスという配合は悪くありません。しかもこの血統のわりには、いいバネ感があって、重賞実績のある2頭と比較しても”器”的には負けていません。終(しま)いの脚をより長くキープできるようになれば、もうひとつ上のレベルでもいい勝負ができると思います」

 一方、中日スポーツの大野英樹記者は、このレースでのリピーター血統に注目している。

「きさらぎ賞において過去10年で4勝と、馬券には欠かせない存在となっているディープインパクト産駒。『京都の外回りと言えば、ディープ産駒』と定評があるとおり、このレースでも例外ではなく、同産駒が高い存在感を示しています」

 今年は、ヴァンドギャルド、ダノンチェイサー(牡3歳)、メイショウテンゲン(牡3歳)と3頭のディープ産駒が出走。大野記者はこの中に「一発を秘める馬がいる」と言う。

「(馬券的な)妙味があるのは、メイショウテンゲンです。母は、GII日経新春杯(京都・芝2400m)、GII京都大賞典(京都・芝2400m)を勝っており、GIエリザベス女王杯(京都・芝2200m)2着の実績を持つメイショウベルーガ。力強さは、その母譲りです。

 ただ、同時に気性面の難しさも受け継いでしまったのか、なかなかレースに集中することができず、未勝利を抜け出したのは4戦目の前走(12月28日/阪神・芝1800m)でした。その分、人気は他馬に譲ることになるでしょうが、この馬、奥は深いと思うんです。

 というのも、勝った前走も直線で外へ逃げながら走っていて、まともなレースをしていたわけではないんです。にもかかわらず、最後はグイグイと脚を伸ばして、後続に2馬身差をつけて快勝。『まともだったら……』と思わずにはいられません。

 さらにディープ産駒ながら、今の時計のかかる京都の馬場が合いそうな点も、買い材料のひとつです。切れ味には欠けるものの、簡単にはバテませんし、ここでもしぶとい末脚を信頼していいと思いますよ」

 過去5年だけ見れば、ディープ産駒は毎年連対していて、2016年には1〜3着までを独占している。勝ち味に遅かった一方で、崩れることがなかったのは、実力がある証拠。未勝利を勝ち上がったばかりとはいえ、経験豊富なメイショウテンゲンが大駆けを見せてもおかしくない。 重賞での好走歴がある実力馬があらためて結果を出してクラシックの有力候補に浮上するのか。はたまた、意外な馬が新たなクラシック候補として名乗りを上げるのか。どちらにせよ、今春の大一番を占ううえでも、見逃せない一戦であることは間違いない。