日本は南野が1点差とするゴールを決めたが及ばなかった。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

アジアカップ決勝の日本代表対カタール代表は2月1日、UAE・アブダビのザイード・スポーツシティ・スタジアムで行なわれ、カタールが3対1で勝利を収めた。カタールがアジアカップ初優勝を果たしている。

 試合は立ち上がりの12分、日本がゴール前で一瞬の隙を突かれてしまう。左サイドのアクラム・アフィフからエリア内中央のアリにパスを入れられると、巧みなボールキープからバイシクルショットを決められた。1大会の最多得点記録を更新するアリの9ゴール目でカタールが先制した。

 先制された日本は、カタールにポゼッションを許し、27分には中盤の守備が甘くなったところを突かれ、アブデルアジズ・ハティムに鮮やかな弧を描く左足ミドルを決められてしまう。日本は2点のビハインドを負い、前半を終えた。

 日本は後半、攻撃のギアを引き上げ反撃を開始。前線からのプレスを強めると同時に、パス回しのテンポを早めてカタールを押し込む。大迫のポストプレーを軸に、両サイドの長友佑都や酒井宏樹のオーバーラップなどで厚みのある攻撃を展開していく。

 62分には原口元気に代えて武藤嘉紀を投入する。

 そして69分、日本は中央でのコンビネーションから、塩谷、大迫とつなぎ、抜け出した南野拓実がGKの鼻先で合わせ、ゴールに流し込む。日本が1点差とする。

 日本はさらに攻撃の手を強め、カタールを自陣に押し込んでいく。しかし83分、日本はCKから吉田麻也のシュートブロックがVAR判定によってハンドと判定され、PKを許してしまう。これをアフィフに決められ、再び2点差とされてしまう。

 日本はその後、伊東純也を投入して反撃に出るが、90分の吉田の決定的なヘディングシュートは枠を外れてしまう。結局、日本はカタールの堅守を崩せず、試合は1対3でタイムアップ。カタールがアジアカップ初優勝を決めた。