後半はテンポよく攻撃を展開していた日本。さらなる攻勢を仕掛け、ここから追い付けるか。写真:茂木あきら

写真拡大

 アジアカップ決勝の日本代表対カタール代表がUAE・アブダビのザイード・スポーツシティ・スタジアムで2月1日の18時(日本時間23時)から行なわれている。

 日本は準決勝で負傷交代したボランチの遠藤航が欠場。代役にはイラン戦で遠藤に代わって途中投入された塩谷司を起用して、大一番に臨んだ。
 日本は立ち上がりから積極的に仕掛け、勇猛にカタール陣内へと攻め込む。まずまずの入りを見せた日本だったが、12分に一瞬の隙を突かれてしまう。準決勝までに8得点を奪って大会得点ランクトップを走るアルモエズ・アリが、ペナルティエリア内でゴールを背にしてボールを受ける。ここから軽やかなタッチを見せると、最後はオーバーヘッド。これが日本のゴールネットに吸い込まれ、日本は早い段階で1点を追いかける展開となった。

 さらに日本は続けざまに失点。27分、ミドルレンジからハティムに左足でミドルを叩き込まれ、2点のビハインドを背負う形となった。

 0-2で迎えた後半、日本は猛攻を仕掛ける。相手の運動量が落ちたところを見逃さず、堂安律、大迫勇也、南野拓実らを中心に決定機を創出していく。さらに畳みかけるべく、62分に原口元気に代えて武藤嘉紀を投入。すると、72分だ。ゴール前の混戦から南野が抜け出すと、きっちりと決め切って日本がついに1点を返した。

 残り15分を切り、1-2。2大会ぶりの優勝を目指す日本はここから追い付けるか注目だ。