カタール代表FWアリがアジア杯の最多得点記録を更新…オーバーヘッドで通算9得点目マーク

写真拡大

 カタール代表のFWアルモエズ・アリが、アジアカップにおける大会最多得点記録を更新した。

 2月1日にAFCアジアカップUAE2019決勝が行われ、日本代表とカタール代表が対戦。アリはこの試合の12分にオーバーヘッドシュートを決めて大会通算9得点目をマークし、1996年・UAE大会で元イラン代表FWアリ・ダエイ氏が残した1大会における最多得点記録(8得点)を更新した。

 試合は20分を経過してカタールが1−0でリードしている。