カタール代表2選手の出場資格は問題なし! UAEの抗議をAFCが棄却

写真拡大

 アジアサッカー連盟(AFC)は2月1日、UAEサッカー協会が提出したカタール代表の2選手に対する抗議を棄却したことを発表した。

 UAEサッカー協会は1月29日に行われたAFCアジアカップUAE2019・準決勝のカタール戦後に、スーダン出身のFWアルモエズ・アリとイラク出身のDFバッサム・アルラウィの2選手が、FIFA規則における帰化選手の要件を満たしていないとしてAFCに抗議していた。しかし、AFCはこの抗議を棄却した。これにより、疑われていた2選手は問題なく決勝に出場できるようだ。

 日本とカタールが激突する決勝は日本時間23時キックオフ予定となっている。