映画『つつんで、ひらいて』広瀬奈々子監督、装幀者・菊地信義のものづくりに迫るドキュメンタリー

写真拡大

ドキュメンタリー映画『つつんで、ひらいて』が、2019年12月上旬シアター・イメージフォーラムほか全国の劇場で順次公開される。

是枝裕和の愛弟子・広瀬奈々子よる最新作

『つつんで、ひらいて』は、現在75歳の装幀者・菊地信義の仕事を約3年間追いかけたドキュメンタリー映画。2019年1月に柳楽優弥主演の映画『夜明け』が公開された、是枝裕和の愛弟子・広瀬奈々子よる最新作となっており、今回の作品では監督だけでなく、編集、撮影も務める。

装幀者・菊地信義の仕事に迫る

菊地信義は、広告代理店などを経て、独立から40年、中上健次や古井由吉、俵万智、金原ひとみなど、1万5000冊以上の本の装幀を手がける装幀者。日本のブックデザイン界をリードし続けてきた存在だ。紙と文字を触りながら、あくまで"手作業"で本を1冊ずつデザインしている。

『つつんで、ひらいて』は、菊地の指先から、印刷、製本に至るまでの工程を見つめ、ものづくりの原点に迫っていく。インターネットが日常のものとなった今だからこそ、物への愛着、紙の手ざわりに焦点を当てた作品となっている。

菊地は、約3年間にわたる撮影を許可した理由について、「紙の本。その装幀という仕事を撮りたいという。言葉を、目から手へ、そして心にとどける仕事。思い掛けない若い監督の、本への思いに絆された。撮られる事で、新たに意識化できることもあるはず。どうあれ、紙の本の魅力を伝えるためにと引き受けた。」と語っている。

広瀬奈々子コメント

広瀬は、映画の公開にあたり次のようにコメント。

「初めて菊地さんとお会いしたのは、銀座の樹の花という喫茶店でした。『僕は映像は好きじゃない』と言われて意気消沈して帰ってきたのを覚えています。言葉のプロで、ある意味演出家でもある相手に毎回何をどう撮りたいのか説明し、説得するのには大変苦労しました。この映画に映るもの全てが菊地さんとの共作です。今もなお菊地さんへの尊敬の念は深まるばかりですが、これは菊地信義を賞賛するための映画ではありません。本とは何か、自問自答するための映画です。言葉と五感に対する欲求は、作り手にとってだけでなく、誰にとっても重大な問題なのだと思います。」

【詳細】
ドキュメンタリー映画『つつんで、ひらいて』
公開時期:2019年12月上旬、シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開
監督・編集・撮影:広瀬奈々子
企画制作:分福
配給:マジックアワー


[写真付きで読む]映画『つつんで、ひらいて』広瀬奈々子監督、装幀者・菊地信義のものづくりに迫るドキュメンタリー

外部サイト

  • このドキュメンタリー映画が面白い!2019 - 人気ファッションデザイナーや俳優の人生を辿る
  • 映画『尾崎豊を探して』約400時間の映像を集約、15の夜や卒業などヒット曲に託したメッセージに迫る
  • 【特集】動物映画 - 感動実話から、キュートな姿満載のアニメ&ファンタジーまで