半年間の期限付きで新天地にやってきた香川。限られた時間でサポーターの期待に応えられるか注目だ。(C)Getty Images

写真拡大

 1月31日にブンデスリーガ1部のドルトムントから、トルコリーグ1部のべジクタシュへの期限付き移籍が決まった元日本代表の香川真司。移籍市場がクローズする寸前の加入となったが、新天地からは早速歓迎されているようだ。
 
 べジクタシュの公式ツイッターは香川の“ウェルカムムービー”を公開。サポーターからはすでに2200件以上のコメントが届き、再生回数も137万回に達するなど反響を呼んでいる。
 
 動画は、日本代表のユニホームを纏った香川が登場するシーンからスタート。そこからべジクタシュのキットに袖を通し、両手を広げてガッツポーズを見せる。最後はべジクタシュの街に面している海峡の名前を取った「ボスポラスの侍」という新たなニックネームとともに、「べジクタシュへようこそ」と歓迎の言葉を贈られている。
 
 このムービーにサポーターも即座に反応。コメント欄には続々と激励の言葉が寄せられている。
 
「我が家へようこそ」
「私たちのべジクタシュに幸運を」
「世界的なスター、べジクタシュにようこそ」
「ありがとう、神様」
「日本のメッシ、ようこそ」
「いいニュース」
 
 サポーターから多くの期待を懸けられている香川が、どんな活躍を見せるのか注目だ。