伊藤忠商事が経営で対立するデサントにTOB「拒否権」握る狙いか

ざっくり言うと

  • 伊藤忠商事は31日、デサントの株式公開買い付けをすると発表した
  • 保有率を3分の1超へ引き上げ、株主総会で重要な「拒否権」を握る狙い
  • 両社は2018年秋ごろから、経営方針をめぐって溝が深まっていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング