モラハラ注意報?彼からこんなフレーズが出たら秒速で逃げて

写真拡大

 いつもはにこやかでやさしいのに、スイッチが入るとキレだす彼。まあ、それだけで別れる理由にもなりますが、ついつい我慢しがちという人も、少なくはないでしょう。気をつけないと、単なる「依存関係」になってしまうこともありますよ。

 そこで「ちょっとこの人、だいじょうぶ?」と思った時の目安になる、相手を追い詰めるためにモラハラ彼氏が使いがちな必殺文句についてお話します。

 これから紹介するフレーズが頻繁に出る彼は、つき合い方を考えたほうがいいかも!?

◆「言われても仕方がない」と思ってない?
 質問です。

 なにか失敗した時に「次はどうやっていこうか。こういうやり方もある」と成功の方向にそれとなく導いてくれる上司と、「だからダメなんだよ」「だから言ったじゃん」と「だから〜」を連発する上司がいます。さて、あなたはどちらの上司がいいですか?

「ドM」の人は別ですが、多くの人は最初の上司がいいのではないでしょうか。

 でも、恋愛となるとそうはいかないんですよね。上司は仕事上のつき合いなので、時間がきたら、さっさとさようなら。好きな人の場合は、恋愛感情があるために、何か嫌なことを言われてもこらえてしまいがちです。

「彼を怒らせる私が悪い」「ここを直せば、もっと好きになってもらえる」。ああ、もう書いていてイラっとするフレーズですね、はい。

 この言葉が心に生まれてしまう限り、彼との関係は上司と部下であり、先生と生徒、もっというと主人と下僕なわけですよ。平等じゃないんです。でもそれを認めたくないから、ついその身動きが取れなくなってしまうんですね。

 そんなどん底に片足を突っ込まないために、パートナーからの気をつけたい必殺文句を解説します。

◆セリフ1:「お前のために言ってるんだよ」
 書いていて吐き気のするセリフですね。パートナーから、このセリフが頻繁(ひんぱん)に出るようになったらちょっと考えた方がいいかも。

「こういうところが気になるから直してよ」というなら素直な彼ですが、自分は何も悪くは思っていないけれど、君のためを思ってつらいけど言っているんだよ、的なナルシシズムが見え隠れする言い回しは要注意です。(「君のため」って…本当に大きなお世話です!)

 要するに自分は悪者にならずに、相手を自分のいいように変えていきたいわけですね。 将来のモラハラ夫候補のフレーズと心得るべし。

◆セリフ2:「ごめんね、でも愛してるんだよ。わかって」
 このセリフには、言われるシーンも含まれています。相手がさんざん怒鳴り散らてきた挙句の「ごめんね〜」が始まるパターンです。自分の気持ちがコントロールできずに暴走して、でも謝ればパートナーは許してくれると思っている……。そういう気持ちが、たっぷりとつまった言葉ですね。

「愛してる」という嬉しいセリフの中に、打算や自己愛がこれまた、たっぷりこんとミックスされてるわけです。

 こういう人って、謝り方も巧妙です。母性本能をくすぐる「上目遣い」や「スキンシップ」を取り入れ、上手に合わせ技してきます。ちょっとでも隙(すき)を見せると「口ふさぎ」の術(要するにキス。しかも濃厚な方)をしてくるので、完全ノックアウトが確定してしまうので、厳戒態勢でのぞんだほうがよいと思います。

◆心当たりがあったら、どうすればいい?
 パートナーの必殺文句が、お伝えした2フレーズのどちらかに当てはまるなら要注意です。2フレーズ両方なら、将来結婚した場合のモラハラ夫候補かも。

 でも好きだと、違和感を抱いていても抜け出すのに時間がかかってしまうんですよね。そういう人ほど、この記事を見て「私だけじゃないんだ」と知ってもらって、秒速で逃げて欲しいと思います。

 モラハラ男は、あなたにモラハラをしていても、別の相手にはしない可能性があります。相性もあるのかもしれませんし、あなたがいるから他の人にしないでいられるのかもしれません。そんなはけ口になっていたいですか? という話です。

 彼にとっても、自分にとってもプラスにならない関係なら、即効逃げ出した方がいいです。「逃げる」という表現を使っているのは、こういう関係が深まると別れるのが大変になるためです。

 なので深まる前に、要注意フレーズが出てきたら「だいじょうぶか?」と全神経を使って彼を観察して、ダメなら次に行きましょう。それがしあわせの近道かも。

<文/夏花くまこ>