先日には「JT」が新型Ploomシリーズを公開したように、2019年もさらなる盛り上がりが予想される加熱式・電子タバコ市場。そんな中、「iQOS」を有する「フィリップ モリス ジャパン」から新タバコスティック「HEETS」4銘柄の全国展開が発表された。

【詳細】他の写真はこちら



ラインナップは、『ヒーツ・ディープ・ブロンズ』・『ヒーツ・バランスド・イエロー』・『ヒーツ・クリア・シルバー』・『ヒーツ・フレッシュ・エメラルド』の4種類。全国9店舗のIQOSストアで2019年1月28日、コンビニエンスストアを含む全国の主要タバコ取扱店で2019年2月15日に発売される。



タバコスティック「HEETS」は、世界30か国以上で販売されているIQOS専用ブランド。日本でも一部地域限定で販売されていたが、好評の声が多かったことから全国展開が決まったそうだ。



既存のマールボロ7銘柄との大きな違いは、タバコ葉のブレンドと価格のふたつ。マールボロのヒートスティックは、マスターブレンダーが日本人の嗜好に合わせてタバコ葉を配合したもの。一方の「HEETS」のタバコスティックは、世界30か国以上で展開されていることもあり、万人が受け入れやすいバランスの取れたブレンドとなっている。



また価格については、マールボロが一箱500円なのに対して、「HEETS」は一箱470円。30円の差額と言ってしまえばそれまでだが、例えば一ヵ月で15箱購入したら450円、一年間で5400円の節約になる。……もちろん禁煙することが一番の節約になるのは言うまでもない。

担当者いわく、これまでマールボロブランドの味わいや価格に満足できなかった消費者にリーチさせたい狙いがあるとのこと。有害性の高い紙巻タバコから、健康懸念物質の少ない加熱式タバコへの切り替えを強く推進するフィリップモリスらしい戦略だ。

『ヒーツ・ディープ・ブロンズ』

レギュラーテイスト。他社含む加熱式タバコの中でも、トップクラスの吸いごたえを感じられた。個人的な体感としては、タール換算7〜8mg程度。

『ヒーツ・バランスド・イエロー』

レギュラーテイスト。その名の通り、バランスの取れた仕上がり。個人的な体感としては、タール換算5mg程度。

『ヒーツ・クリア・シルバー』

レギュラーテイスト。吸いごたえは軽いが、タバコとしての満足度は十分にある。個人的な体感としては、タール換算3mg程度。

『ヒーツ・フレッシュ・エメラルド』

メンソールテイスト。と言いつつも、刺激は弱め。若干のメンソール感を味わいたい人にオススメ。個人的な体感としては、タール換算3mg程度。

関連サイト



IQOS公式オンラインストア

textコバヤシユウタ(編集部)