今すぐしてもいいですか…♡彼がキスしたくなる「理想のキス顔」の作り方

写真拡大

キス顔がめちゃくちゃ可愛かったり色っぽかったりすると、彼はもっとキスしたくなるものです。
恋愛を思う存分楽しむなら、ぜひキス顔も美しく、可愛く決めておきたいところですね。
今回は、理想のキス顔の作り方をご紹介します。

(1)顎を引く


『顎が前に出てしまわないように気を付けています』(28歳/美容師)

まず大事なのは、顎を引くこと。
実はキスをしようと変に意識してしまい、しゃくれたキス顔になりがちな女性は結構いると言います。

しゃくれキス顔なんておブスで嫌ですよね。
「うわ……」と彼にも引かれてしまうことは間違いなしです。
顎には力を入れず、あくまで自然なキス顔を作ることが大切になります。

(2)唇は尖らせず自然な感じで


『無理に作らずに、そのまま唇を合わせる感じですかね』(26歳/広告)

大事な唇についてですが、とにかく唇は尖らせないようにすることが大切です。
無理にアヒル口を作ろうとしたり、数字の3のような唇を作ろうとすると正直かなり不自然です。
むしろギャグのようなキス顔になってしまい、せっかくのムードは白けてしまうでしょう。

顎に力を入れないのと同じで、唇もあくまで自然な感じを意識するのが一番です。
キス顔の「作り方」とはお伝えしていますが、逆に「作ろうとしない」ことが肝心なんです。
力を抜いて、自然に彼のキスを誘うイメージを大切にしてくださいね。

(3)ほんのり笑顔を作るイメージで


『口角を少し上げるイメージ。あまり意識しすぎても不自然になってしまう』(31歳/金融)

口角は少しだけ上げるのがポイントです。
ほんのり笑顔を作るイメージをすると良いでしょう。

ただやっぱり自然体が大事なので、口角も上げすぎず、無理に笑顔を作ろうとしないことが大切です。
無表情寄りな口角の上げ方を意識すると良いでしょう。
もし難しければ、ちょうど良い感じのイメージを鏡を見て研究すると良いかも。

(4)プルプル唇を作ろう


『彼にキスしたいと思われるように』(25歳/営業)

仕上げに、プルプルの唇を作ることが肝心です。
口紅とグロスを使い、彼が思わずキスしたくなるような魅力的な唇を作っていきます。
男性はプルプルな唇が大好きなので、これで素敵なキス顔ができれば完璧です。

ただ、全体を見て唇だけが際立つようなメイク方法にならないようにだけは気をつけてください。
唇だけに気合を入れている感じが、ちょっとやり過ぎ感の印象になります。
ナチュラルメイクの時は、少し潤いがあるのが分かるリップクリーム程度でちょうど良い場合も多いです。

----------

いかがでしたか?
可愛いキス顔を作るうえで大事なのは、あくまで自然なイメージを忘れないようにすることです。

不自然なキス顔は逆におブスな印象になりがちなので要注意。
あとは自慢のリップやグロスを使って、彼が思わずかぶりつきたくなるような美しい唇を作り上げてくださいね。

(恋愛jp編集部)