JR東日本スタートアップ株式会社は1月30日、株式会社バズヴィルが実証実験用アプリ「貯まるスクリーン x JRE POINT」のサービスを開始したことを発表した。スマートフォンのロック画面上で、運行情報を確認することなどが可能なAndroid対応アプリ。ロック画面を解除することでJRE POINTが貯まる。

「貯まるスクリーン x JRE POINT」は、株式会社バズヴィルがロック画面広告配信機能(BuzzScreen)を使用した実証実験用アプリとして提供するサービス。バズヴィルは、JR東日本とJR東日本スタートアップ株式会社が実施する「JR 東日本スタートアッププログラム 2018」の「アクセラレーションコース」の採択企業として本実証実験を行う。

株式会社バズヴィルが提供するBuzzScreenは、スマートフォンのロック画面上に広告や自社コンテンツを配信するというもの。本アプリでは、ロック画面上でニュースを読む、運行情報を確認する、といったことが行える。なお、本アプリの利用期間は2019年3月30日までの予定となっている。

Google Play:「貯まるスクリーン x JRE POINT」

JR東日本スタートアップ株式会社
URL:http://jrestartup.co.jp/
2019/1/30